[Microsoft] RD Connection Brokerの性能を向上するパッチがリリース

今年リリース予定のWindows Server 2016はHyper-Vのドッカー、Hyper-Vコンテナ、ナノサーバ、Nested対応などの機能がてんこ盛りです。しかしながらRDS/VDI関連の機能は今のところMultipoint Service程度でしょうか。正直Windows Server 2012/2012 R2のRDS/VDIを見てもマイクロソフト社がエンタープライズレベルのVDIソリューションにそれほど力を入れてないのは感じてますけど。。。

まあ、そーいうことで既存バグを修正する :)、機能を強化するパッチが公開されたりしています。

 

しかし、2015年12月15日単純なバグ修正ではない、RD Connection Brokerのパフォーマンスを大きく向上するパッチが公開されました。しかもこのパッチはWindows Server 2012 R2を含め、リリース予定のWindows Server 2016のRD Connection Brokerでも有効とのことです。

Improved Remote Desktop Connection Broker Performance with Windows Server 2016 and Windows Server 2012 R2 Hotfix

 

このパッチはRD Connection Brokerの接続処理ロジックに変更を加えたものでパッチ適用によるログインストーム時の処理速度と接続率、RDSHの追加/再移動時の処理速度、End-to-End接続速度と接続率の向上の内部テスト結果も公開いしています。このテスト結果ではRD Connection Brokerの処理速度が”分”から”秒”に短縮された大きい性能向上が確認できます。最初からこうしてくれれば良かったのに。

 

さらに内部テストを実施し、その結果をガイドで公開する予定ということですので、公開されたら読んでみたいですね。

 

 

[Microsoft] Windows Server 2016のライセンスポリシー変更?

先月Technical Preview 4がリリースされ2016年のGAへ向けて着々と進んでいるWindows Server 2016のライセンスについて情報が公開されました。

Windows Server 2016 and System Center 2016 Standard and Datacenter Editions Pricing and licensing FAQ

まず、提供エディションはWindows Server 2012/2012 R2と同様、”Standard”と”Datacenter”の2つのエディションです。

が、購入形態としてはWindows Server 2016から大きく変わることが分かりました。
Windows Server 2012/2012 R2までは物理サーバーのソケット単位で提供されましたが、2016からは物理サーバーのプロセッサーのコア単位での提供となるようです。

”The licensing of Datacenter and Standard Edition will move from processors to physical cores which aligns
licensing of private and public cloud to a consistent currency of cores and simplifies licensing across multi-cloud
environments. ”

本資料では、一応8コアまでならWindows Server 2012/2012 R2の”2ソケット”ライセンスと変わらないと言ってますが、仮想化インフラやプライベートクラウドなどで10コア以上のハイエンドCPUがデファクトスタンダードになりつつある現状からすると今回のライセンス変更は顧客に受け入れ難いのではないかと思いますね。

またDatacenterエディションでしか利用できない機能があり、Windows Server 2016リリース以降、、導入の際には注意が必要になります。

”Some new features unique to Datacenter Edition include an Azure-inspired networking stack and Azure-inspired storage enhancements including Storage Spaces Direct.”

まあ、資料のフッターには”This document is for informational purposes only.”となっていて今後変わることも十分考えられますが、一応参考までに共有します。