[VMware] Virtual SAN 6.2 発表

2/9-10 オンラインで発表された2016年VMwareの戦略とロードマップにて、VSANの次期バージョンの6.2も発表されました。
5.5から6.0、そして6.1までバージョンアップされるたびにパフォーマンスが大きく向上され、運用管理でも改善されてきましたが、今回発表されました6.2はどのバージョンより大きく進化しました。

6.2から新たに実装された機能と改善を紹介します。

・Erasure Coding – All Flashモデルのみサポート
噂通り、erasure codingが実装されました。erasure codingはオブジェクト型ストレージで利用されるデータ複製テクノロジーで、競合(?)であるNutanixでは既に実装されています。
VSAN 6.2ではRAID5、RAID6相応のerasure codeをサポートするとのことです。

・重複排除と圧縮 – All Flashモデルのみサポート
”Space Efficiency”と呼ばれる重複排除と圧縮機能が実装されました。”Space Efficiency”はクラスタ単位で設定が可能でキャッシュtierからストレージtierに移動されるタイミングで重複排除が行われ、その後圧縮されます。

・ソフトェアチェクサムサポート
同じくクラスタ単位で設定可能で、データのチェックサムが失敗した場合、レプリカーデータより正常なチェックサムを呼び出し利用します。

・IPv6サポート
IPv6のみで構成されているネットワーク環境でもVSANを構成することが可能になりました。

・ビジネスクリティカルアップリケーションのサポート
VSAN上でExchange Server以外にOracle RACやSAP Coreと言ったビジネスクリティカルアップリケーションの構成をサポートするようになりました。

・管理機能の向上
Web Clientにパフォーマンスモニターやキャパシティモニターが追加され、ヘルスモニターも強化されました。これてvROpsやVSAN Observerを使わなくてもVSAN環境をより効果的に運用k管理が可能になりました。
が。。。 vROpsのVSAN管理パック(ストレージでバイス管理パック)もStretched Clusterサポートなど改善されたとのことです。 🙂

VMware社は去年までVSANを導入した顧客が3,000社を超えたと発表しました。もう検証環境ではなく、本番環境に導入しても問題ないことを証明しています。
個人的には6.1からは本番環境での導入でも全く問題ないと思います。むしろストレージも導入を検討している方にはVSANを勧めたい程です。:)

 

PS.1>VMware社の2016年戦略とロードマップのオンライン発表ですが、アジア・パシフィックでは2/16で予定していますので、ご興味のある方は是非登録を!

Enabling the Digital Enterprise

 

 

広告

[VMware] VMware announced EVO:RAIL

先週サンフランシスコで開催されましたVMworld 2014でVMware発のコンバージドインフラストラクチャーEVO:RAILが公開されました。

このEVO:RAILはプロジェクトMARVINで知られていたものでハードウェア/ソフトウェアの統合ソリューションの新しい名称で、去年からVMwareがハードウェア市場にまで手を伸ばすという風に噂されていたものです。

 

2UのハードウェアにvSphere、Virtual SAN、LogInsightが提供されるアプライアンスで、最短パスワードを2回入力するだけで、構成が終わるとのことです。(完全自動構成時の場合)

紹介ビデオを見れば一目瞭然。今までハードウェアの設置から始まるvSphereの導入が劇的に短縮されます。

EVO:RAILアプライアンスは、4ノードで構成され、最大4アプライアンス(16ノード)まで拡張できるとのことです。

各ノードはIvy-Bridgeプロセッサー×2、192GBメモリ、1.2TB×3 HDD、400GB×1 SDD、10GbE×ネットワークポートで構成され、アプライアンス当たり最大100台の仮想マシンまたは最大250台の仮想デスクトップを集約できることを想定しているとのことです。

 

現在EVO:RAILのパートナーとしてはDELL、Fujitsu、EMC、SuperMicro、NetOne Systems、Inspurの6社で、各パートナーは自社製x86サーバーwモデルとしてプロダクトを発表していますし、価格は$80,000~$250,000帯になると予想されています。

 

非常に魅力的なプロダクトです。

 

 

[VMware] Virtual SAN Design and Sizing Guide for Horizon View

Virtual SANが利用できる環境でHorizon Viewを導入する際に考慮すべきサイジングとデザインのガイドがリリースされました。

このガイドはVirtual SANとHorizon Viewの特徴説明をはじめ、ホスト、ストレージ、ネットワークまで項目別に説明をしながら構成デザインについても説明しています。

guide

 

ご興味のある方は是非読んでみてください。

ダウンロードはここから。。。