[VMware] vExpert 2018 後半応募開始

 

vExpert 2018 後半の応募が6月18日開始されました。

 

2015年から(だと思います)前半、後半2回の応募できるようになりましたね。vExpertプログラムについては過去の投稿をご確認ください。
毎回言ってますが、vExpertはオフィシャルな資格ではない名誉賞です。

 

が…

 

VMware社内での審査による受賞者が決まりますし、受賞後は専用Slackチャネルとかアーリーbetaテストのチャンスなどのメリットも少なくないのでご興味のある方は是非応募してみてください。

 

vExpert 2018 Second Half Application

 

ちなみに、応募期間は7月13日までで、発表は8月9日を予定しています。

 

広告

[VMware] vExpert VSAN 2018を受賞しました

 

 

 

 

 

 

 

 

大変光栄なことに今年もvExpert VSAN 2018を受賞しました。

 

vExpert VSAN 2018 Announcement

 

vExpert VSANはvExpertのサブプログラムでvExpertの中からの応募者をvExpertチームとStorage & Availability部門(SABU)が審査し受賞者を決めます。同様のvExpertのサブプログラムはNSX、Cloudがあります。ちなみにNSXとCloudはそれぞれ8月、10月に発表されましたね。去年は。

 

まあ、とにかく嬉しいです。;)

 

日本から4名の方が受賞されたようで、同僚も受賞して嬉しい限りです。:)

 

あ、Horizon関連もありますが、なんかHorizonの場合はvExpertのサブプログラムではなく独立したプログラムのようです。正式名称はVMware EUC Championsです。

Here They Are: VMware 2018 EUC Champions

 

 

[VMware] vExpert 2018を受賞しました

 

 

今年も光栄にvExpert 2018を受賞しました。2012年から7年連続の受賞で嬉しい限りです。

 

vExpertプログラムについては過去にも何回か紹介をしましたので、興味のある方は過去の投稿をご確認ください。今年、2018年は世界で1,522名が受賞しまして、日本では過去最多の61名の方々が受賞しました。vExpertの方々はvExpert Directoryから検索できますので、ご自分または知り合いがいるか確認してみてくださいなー。;)

 

今年もVMwareのプロダクトを含め、仮想化/クラウド関連の情報を共有して行きますので、引き続きよろしくお願いします。

 

 

[VMware] vExpert 2018 応募開始

 

vExpert 2018の応募が開始されました。

vExpert 2018 Applications are Now Open

 

今年からはvExpert専用のポータルも用意され、応募もこのvExpert専用ポータルから行います。

 

vExpertになるとvExpert専用Slackチャネル参加やvExpert認定書、1年間の評価ライセンスなどのVMware社提供をはじめ、様々な3rdパーティが提供するメリットがあります。

Andrea Mauroさんのまとめ : vExpert 2017 Benefits

 

応募期間は2017年12月19日から1ヶ月間で、受賞者発表は2018年2月16日となっています。

 

2017年、VMware製品やテクノロジーに普及に貢献した方、VMware Loveな方は是非応募してみてください。:)

 

 

 

[VMware] vExpert 2017 VSANを受賞しました

光栄なことにvExpert 2017 VSANを受賞することになりました。

vExpert 2017 VSAN Announcement

vExpert 2017 VSANは、その年に選ばれたvExpertの中から特定プロダクト普及に貢献したvExpertに授与するサブプログラムです。サブプログラムには今回選ばれましたvSAN以外にNSXとHorizon View(確か…)があります。

 

vExpert 2017 VSANプログラムが開始された2016年にはグローバルで20名ほどだったと思いますが今年は87名まで増えました。うち日本からの受賞者は2名でした。

 

個人的には第1世代のVirtual SAN 5.5から案件に携わっているのでどのプロダクトより愛着(?)があって今回の受賞は非常に光栄で嬉しい限りです。

 

これからもvSANを広めるべく色々と情報を共有して行きますので引き続き、よろしくお願いします。

 

PS>ふむ。確かvExpert Horizon Viewがあったと記憶していますが、調べてみても出てきませんね。なくなったんですかね。。。

[VMware] vExpert 2017 後半応募開始

VMwareの技術、ソリューションを広めたユーザへ表彰するvExpertプログラムの2017年後半の応募が開始されました。2014年から1年に2回応募ができるようになりました。

vexpert_logo

ご存知の通り、このvExpertプログラムはブログやコミュニティは、勿論セミナーのプレゼンテーションや執筆などVMware社プロダクトを広めてきたユーザであれば自薦他薦問いませんのでぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 

応募期間は2017年6月7日から7月7日までの1ヶ月間で受賞者の発表は8月11日です。

 

 

[VMware] vExpert 2017に選ばれました

今年も光栄なことに、VMware vExpert 2017に選ばれました。
2012年から6年連続の受賞となり嬉しい限りです。

 

vExpert 2017 Award Announcement

vmw-logo-vexpert-2017-k

 

 

 

 

 

vExpertの知名度も高くなりましたね。受賞者数ではマイクロソフト社のMVPの1/3程度ですが、”仮想化”や”クラウド”のキーワードがつくIT業界では多くの方に認知されるようになりました。名誉資格とはいえ、多くのパートナー企業より無償ライセンスやトレーニングコンテンツなどが提供されていますし、VMworldのような海外イベントへの参加支援などで評価する企業も増えているようです。

 

皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか?応募期間内に応募するだけです。自薦他薦問いません。イベントでの登壇や本の出版がなくても構いません。着実にブログやVMware Communityで活動するだけでも問題ありません。

vExpertプログラム担当者のslackにもこういうメッセージがありました。
”Help others make vExpert”と… :)

 

ちなみに今年前半は1477名が選ばれ、日本の方は50名ほどでした。