[VMware] vExpert 2017 VSANを受賞しました

光栄なことにvExpert 2017 VSANを受賞することになりました。

vExpert 2017 VSAN Announcement

vExpert 2017 VSANは、その年に選ばれたvExpertの中から特定プロダクト普及に貢献したvExpertに授与するサブプログラムです。サブプログラムには今回選ばれましたvSAN以外にNSXとHorizon View(確か…)があります。

 

vExpert 2017 VSANプログラムが開始された2016年にはグローバルで20名ほどだったと思いますが今年は87名まで増えました。うち日本からの受賞者は2名でした。

 

個人的には第1世代のVirtual SAN 5.5から案件に携わっているのでどのプロダクトより愛着(?)があって今回の受賞は非常に光栄で嬉しい限りです。

 

これからもvSANを広めるべく色々と情報を共有して行きますので引き続き、よろしくお願いします。

 

PS>ふむ。確かvExpert Horizon Viewがあったと記憶していますが、調べてみても出てきませんね。なくなったんですかね。。。

広告

[VMware] vExpert 2017 後半応募開始

VMwareの技術、ソリューションを広めたユーザへ表彰するvExpertプログラムの2017年後半の応募が開始されました。2014年から1年に2回応募ができるようになりました。

vexpert_logo

ご存知の通り、このvExpertプログラムはブログやコミュニティは、勿論セミナーのプレゼンテーションや執筆などVMware社プロダクトを広めてきたユーザであれば自薦他薦問いませんのでぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 

応募期間は2017年6月7日から7月7日までの1ヶ月間で受賞者の発表は8月11日です。

 

 

[VMware] vExpert 2017に選ばれました

今年も光栄なことに、VMware vExpert 2017に選ばれました。
2012年から6年連続の受賞となり嬉しい限りです。

 

vExpert 2017 Award Announcement

vmw-logo-vexpert-2017-k

 

 

 

 

 

vExpertの知名度も高くなりましたね。受賞者数ではマイクロソフト社のMVPの1/3程度ですが、”仮想化”や”クラウド”のキーワードがつくIT業界では多くの方に認知されるようになりました。名誉資格とはいえ、多くのパートナー企業より無償ライセンスやトレーニングコンテンツなどが提供されていますし、VMworldのような海外イベントへの参加支援などで評価する企業も増えているようです。

 

皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか?応募期間内に応募するだけです。自薦他薦問いません。イベントでの登壇や本の出版がなくても構いません。着実にブログやVMware Communityで活動するだけでも問題ありません。

vExpertプログラム担当者のslackにもこういうメッセージがありました。
”Help others make vExpert”と… :)

 

ちなみに今年前半は1477名が選ばれ、日本の方は50名ほどでした。