[VMware] vRealize Automationの導入 (17)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成
(15)vROエンドポイントの作成
(16)イベントブローカーの設定
(17)NSXとの統合

 

お久しぶりです。;)

今回はNSX for vSphereを統合する手順を紹介します。vRA 7.0以降NSX関連情報が増えてきています。理由はもちろんNSXの導入が増加しているためでしょう。多くの企業がNSXの検証を終え、本番環境への導入も増えてきています。少々古い情報ですが2016年だけで約2,400社がNSXのライセンスを購入しているとの発表がその根拠かなと…

で、NSXを統合する理由は?というともちろんvRAのブループリントでNSXの機能が利用できるからです。:)

 

(17)NSXとの統合

 

① [インフラストラクチャ] → [エンドポイント]順位クリックします。

 

② [エンドポイント]を選択し、[新規] → [ネットワークおよびセキュリティ]の[NSX]をクリックします。

※ちなみにvRA 7.2までは、下図のようにvCenterエンドポイントの一部して設定する形でした。

 

 

③ [全般]タブより、必要情報を入力し、[接続をテスト]をクリックします。

  • 名前 : NSXエンドポイント名
  • Address :  NSX ManagerのURL
  • User name : NSX Managerの管理者アカウント
  • パスワード :NSX Managerの管理者アカウントのパスワード

 

④ 自己証明書の警告を確認後、[OK]をクリックします。

 

⑤ 接続テストが成功したことが確認できたら、[関連付け]タブをクリックします。

 

⑥ [新規]をクリックし、名前のプルダウンメニューからvCenterのエンドポイントを選択し、[OK]をクリックします。

※ これは、既存のvCenterエンドポイントと作成したNSXのエンドポイントを紐付けるためです。vRA 7.2ではそもそもvCenterエンドポイントの一部としてNSXを統合したのでこの手順は不要でした。

 

⑦ [OK]をクリックし、エンドポイント作成を完了します。

 

⑧ では、きちんとNSXエンドポイントが作成されたか確認してみます。[コンピュートリソース] → [コンピュートリソース]順にクリックし、作成したコンピュートリソースから[Data Collection]を実行します。

 

⑨ NSXのエンドポイントが作成されるとData Collectionに”Network and Security Inventory”項目が追加れます。Statusが”成功”することを確認します。

 

⑩ 今度は[予約]の[Network]タブを見てみます。ちゃんと利用可能なネットワークとしてNSXの論理ネットワークが表示されることが確認できます。

 

これでNSXの統合手順は終わりです。次は仮想マシンをvRA管理下にできる仮想マシンのインポート方法について紹介したいと思います。

 

広告

[VMware] NSXレファレンスポスター

過去にVCSAのレファレンスポスターを紹介しましたが、今度はNSXのレファレンスポスターが公開されました。

nsx-poster

VMwareプロフェッショナルサービス部門で作成したようなのでまあ、公式な資料と思っても良いと思いますね。

NSXを導入や運用、または勉強している方は参考にしてはいかがでしょうか?

 

ダウンロードはこちらから。