[VMware] vCenter関連ニュース

来週から開催されるVMworld 2017に先立ってvCenter関連のニュースが発表されました。

 

まず、FlashベースのWeb Clientが無くなります。

Goodbye, vSphere Web Client

 

上記の公式ブログによると次期バージョンのvSphereではFlashベースのWeb Clientが”非推奨”となり、サポートする最後のバージョンになるということです。ということはHTML5 Clientがいよいよ主役になります。

HTML5 Clientは現在の最新バージョン(vSphere 6.5 Update 1)でFlashベースのWeb Clientの約90%の機能をカバーしていると言われていますが、次期バージョンのvSphereでは完全にFlashベースのWeb Clientの代わりとして利用できると思いますね。

 

もう一つのニュースは、Windows版vCenterも無くなるとのことです。

Farewell, vCenter Server for Windows

VCSAが登場した最初の頃からこのような結末を予想していた方も多いでしょうが、小職はまさか、完全に追い出すとまでは思いませんでしたよ。最初はね。しかしVCSAを使っているうちにWindows版vCenterを使う理由がないことに気づいたわけです。正直VCSAを提案すると”Linuxになれていない”とか”Windows版に比べてパフォーマンスが劣る”とかでWindows版vCenterを好む顧客が未だに多いのも事実ですが“Linuxエクスパートである必要もありませんし、パフォーマンスも劣りません!” と叫びたい!:) OSとSQL Serverのライセンスコストも要らない、Update Managerも統合されましたし、SyslogもDumpも中に溜め込めます。VCHAもサポートしているし、ネーティブバックアップもサポートしています。悩むことも迷うこともありません。:)

FlashベースのWeb Clientと同様、次期バージョンのvSphereで”非推奨”となり、サポートする最後のバージョンになるとのことです。Windows版vCenterからVCSAへの移行は公式的にサポートしていますし、案外に簡単かつ安全に移行できます。移行を検討している方はここをご参照ください。

 

広告

[VMware] vSphere HTML5 Web Clientが登場!

遂にHTML5 Web Clientが登場しました。

vSphere 5.0から登場しましたvSphere Web CLientはウェブブラウザさえあれば、vSphereインフラを簡単に管理できますし、新しい機能もWeb ClientでしかサポートしないなどvSphereのバージョンを重ねる度にvSphere Web Clientの役割は大きくなっていますよね。
しかし実際は導入や運用の際に主に使われているのは相変わらずvSPhere Clientです。(去年VMworldでWeb Client関連セッションで実施した即席アンケートの結果でも参加者の70%以上が未だにvSphere Clientを使っている結果だったと思います)

まあ、理由は簡単ですよね。
パフォーマンスでネイティブアプリケーションが良いからです。:)
Web Clientは、正直遅いです。6.0では相当改善されましたが、でも。。。vSphere Clientに比べるとやはり遅いです。そしてFlashのエラーで頻繁に再接続をしないとならないとか、ストレスがなくなった訳じゃないです。

このようなvSphere Web ClientのストレスをなくしてくれそうなHTML5 Web ClientがVMware Labsで公開されました。
HTML5なので速いです。Flash?要りませーん。公開されたvSphere HTML5 Web Clientはテクニカルプレビュー版でプラグインとサポートされず、一部メニューのコンテンツが正常に表示されないなどもちろん本番環境での利用は難しいですが、もしGAがリリースされればWeb Clinetの代わりに速くてダイナミックなvSphereインフラの運用管理ができると思います。

公開されたテクニカルプレビュー版はvSphere HTML5 Web Client用仮想アプライアンスをインポート、設定ファイルをアップロード(for Windows)さえすればすぐにもテストができます。(インストール方法はVMware Labsに紹介されている関係上、割愛します)

仮想アプライアンスのインポート&設定ファイルのアップロード後 “https://vSphere HTML5 Web Client用仮想アプライアンス アドレス:9443/ui” にアクセスすると一旦PSCにリダイレクトされます。PSCのSSOログインページからログインするとUIが表示されます。

html5-web-cli01

 

html5-web-cli03

 

html5-web-cli02

 
テクニカルプレビュー版にも関わらずシンプルなUIが気に入りました。

vSphere Web Clientのパフォーマンスに不満の方は、テストしてみてください。今後のWeb Clientの一つの光が見えてくるはずです。:)