[VMware] vSphere 5.5のサポート終了について

 

おそらくまだまだ本番環境で現役として運用中であろうvSphere 5.5のサポート期間が今年(2018年) 9月19日で終了します。

vSphere 5.5 and vSAN 5.5 End of General Support Reminder

正式には”ジェネラルサポートの終了-End of General Support (EOGS) “になりまして、その後2年間の”テクニカル ガイダンス-Technical Guidance”期間に入るため、まあ~最悪2020年9月19日までは引き続き利用可能とも言えます。ただし”ジェネラルサポート”で提供するメンテナンス アップデートやアップグレード、不具合とセキュリティの修正がなくなるため、EOGS以降発生するバグや脆弱性に対する対応が難しくなります。

 

もちろんEOGSの前にvSphere 6.xにバージョンアップすることがベストですが、予算なども含め検討が必要かと思います。

 

Lifecycle MatrixによるとvSphere(ESXiとvCenter) 5.5に合わせ、以下のプロダクトも同じく2018年9月18日でEOGSを迎える予定となってます。

  • Cisco Nexus 1000V
  • Integrated OpenStack 3.1
  • Site Recovery Manager 5.5、 5.8
  • vCenter Server Heartbeat 6.6
  • vCenter Update Manager 5.5
  • vRealize Automation 6.2.5 Advanced/Enterprise Edition
  • vSAN 5.5 🙂

  • vSphere Data Protection 5.5、 5.8
  • vSphere Storage Appliance 5.5

 

広告

[Nutanix] Remote Siteの削除ができない

 

Nutanix AOS 5.5の環境で作成したRemote Siteを削除しようとすると次のメッセージで削除できないことがあります。

 

Deletion of the remote site is currently not supported from Prism. Contact Nutanix support for further assistance.

 

Prismからは上図のようにどうにもできなかったので、ncliのremote-site removeコマンドを実行しところ、同じく削除できませんでした。

ncli> remote-site remove name=リモートサイト名
Error: Deletion of the remote site is currently not supported from Prism. Contact Nutanix support for further assistance.

 

AOS 5.1では何の問題もなくRemote Siteが削除できたので恐らくAOS 5.5の固有の問題(?)かと思い、Nutanixのサポート依頼し以下のコマンドでRemote Siteを削除してもらいましたところ…

ncli> rs rm name=リモートサイト名 force=true
Remote site リモートサイト名 has been successfully marked for deletion

 

(; ̄Д ̄) マジか…  forceオプションを付ければ良かったのか… もっと調べてればNutanixサポートに連絡しなくても済んだわけです。 Nutanixサポートに連絡して良かったです。Remote-site removeコマンドで削除後Firewallの構成もいじる必要があるようでしたので…

 

余談ですが… Nutanixサポートの対応のスピードは噂通り速かったです。困ってる時にこの速さには頼りになります。 :) ただWebEXで対応中にも関わらず”シフトがあと7分で終わるから別のエンジニアに引き継ぐよー”と言われた時はさすがにイラッとしましたね。:) でもそれが普通でしょうね。きっと…

 

[Nutanix] AOS 5.5 リリース

プロジェクト名”Obelix”で知られていたAOS 5.5が本日リリースされました。

 

新たに追加された機能の一部を紹介しますと…

  • CVMがCentOS 7.3ベースにアップデートされました。(ただしESXi 5.0と5.1からのアップグレードはサポートされませんのでご注意を)
  • マシンラーニング能力が追加され、リソースの消費モニタリングはもちろん異常行動を検知し正しいプランニングをガイドしてくれるそうです。
  • SSPがPrism Centralに統合されました。
  • SSPの認証基盤としてOpenLDAPもサポートするようになりました。
  • Calmが利用可能になりました。:)

  • レポート機能の追加され、メールで定期的にレポートを受けられるようになりました。
  • 非同期DR機能にRPOを1分以内にするNearSync機能追加されました。
  • シングルノードクラスタサポートされるようになりました。(対応機種はNX-1175S-G5のみ)
  • Acropolis Image 管理がPrism ElementからPrism Centralに変更されました。(ただしPrism Central環境がない場合はそのままPrism Elementで利用可能)
  • Windows Server 2016とHyper-V 2016対応しました。
  • AHVクラスタにてvGPUが利用可能になりました。
  • 仮想マシンに対してvNUMAをサポートするようになりました。
  • マイクロセグメンテーションが利用できるようになりました。

また、いくつかの機能に変更がありましたのでこれも簡単に…

  • Acropolic Container Services(ACS)はサポートしなくなりました。
  • 暗号化としてTLS1.0、1.1、SSLv3が非推奨になりました。すべてのNutanix製品はTLS1.2で暗号化を実現します。
    NGTもTLS1.2を使用するようになりました。
  • LinuxゲストOSでもSSRが利用できるようになりました。
  • 仮想マシンのHot-Plugが利用できるようになりました。
  • Data-at-REST暗号化をサポートするようになりました。

 

より詳細ない内容はリリースノートをご参照ください。