[VMware] vRealize Automationの導入 (11)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成

 

前回でブループリントまで作成しました。今回は4つの用語さえ抑えておけば問題ありません。:)

  • アイテム
  • サービスカタログ
  • エンタイトルメント
  • アクション

ブループリントの意味は”青写真”とか”図面”ですよね。この青写真を公開したのが”アイテム“です。このアイテムはサービス、例えばIaaSやXaaSなどにグループ化(カテゴリ化)できますが、このグループ化が”サービスカタログ=カタログ“です。

サービスカタログでアイテムをグループ化したら”誰=資格“に”どういう操作=アクション“をさせるかを決定することで、ユーザがセルフサービスポータルにログインすると下の図のように自分が利用できるサービスが表示されるわけです。

 

(11)サービスカタログの作成

 

① [管理] → [カタログ管理]をクリックします。

 

② [サービス]を選択、[新規]をクリックします。

 

③ 以下の必要な情報を入力し、[OK]をクリックします。

  • 名前 : サービスカタログ名(ユーザに表示されます)
  • 説明 : サービスカタログの説明(ユーザに表示されます)
  • アイコン : できれば格好良いやつにしましょう。:)
  • ステータス : 有効
  • 所有者 : サービスカタログを管理する管理者

他の項目は必要に応じて… 🙂

 

④ 作成されたサービスカタログにアイテムを追加します。サービスカタログを選択し、[カタログアイテムの管理]をクリックします。

 

⑤ カタログアイテムを追加しましょう。

 

⑥ サービスカタログに追加するアイテムを選択し、[OK]をクリックします。

※前回作成したブループリントを”公開”すると自動的に”アイテム”になり、一覧に表示されます。

 

⑦ 今度はアイテムのアイコンを変更してみます。(必須じゃありません) [カタログアイテム]を選択、追加されたアイテムの[構成]をクリックします。

 

⑧ アイテムのアイコンを指定して[OK]をクリックします。

 

⑨ 今度は誰に使わせるを指定しましょう。[資格]を選択し、[新規]をクリックします。

 

⑩ [全般]タブから以下の必要情報を入力し、[次へ]をクリックします。

  • 名前 : 作成する資格名
  • ステータス : 有効
  • ビジネスグループ : この資格を利用するビジネスグループ
  • ユーザおよびグループ : ビジネスグループユーザまたはグループ

 

⑪ [アイテムおよび承認]タブを選択し、まずはこの資格に対して提供するカタログサービスを”使用可能なサービス”から追加します。

 

⑫ 次はこの資格に対して提供するアイテムを”使用可能なアイテム”から追加します。

 

⑬ 最後にこの資格に対して提供するアクションを”使用可能なアクション”から追加します。アクションは提供タイプによって選択できる内容が異なります。このシリーズでは、全アクションを追加しました。 🙂

 

⑭ “サービス”、”アイテム”、”アクション”をそれぞれ追加したら[完了]をクリックします。これでサービスカタログの作成は終わりです。

 

⑮ 作成したサービスカタログを見てみましょう。手順⑩で追加したユーザでログインし[カタログ]タブを選択すると提供されているサービスが確認できます。

※Tenant管理者やサポートロールを持っているユーザであれば、画面右上の”次の代理”からユーザを検索、そのユーザに提供されているサービスとアイテムが確認でき、代理でリクエストもできます。

 

ここまでがサービスカタログと資格作成の手順でした。次は実際にサービスカタログから仮想マシンをリクエストしてみます。

 

 

 

 

広告

[VMware] 新しい資格登場!

数日前VMwareの新しい資格がリリースされました。その資格は…

VMware vSAN 2017 Specialist
VMware vRealize Operations 2017 Specialist

 

🙂 スペシャリストです!

上記2つのプロダクトは今までVCP-DCVの一部として扱われてましたが、最近これらの重みがましたんでしょうね。別の資格になりました。ただプロダクトがVCPのカテゴリにはなりませんので”Specialist”という名称になってのではないかと思いますね…

 

上記資格取得のための条件は「有効期間中のVCP資格保持者」であることで、My LearnPearson VUEより試験の申込みができます。(推奨教育コースはあるが必須ではありません)受験費用はVCPと同じぐらいです。

 

vSANスペシャリストは受けてみたいですね。:)

 

[Nutanix] NPP、知ってますか?

この記事はNutanix Advent Calendar 2015に参加しており、12月11日の記事となります。
他の方々がテクニカルな記事を書いて頂いてるので、気休めとして簡単に資格の内容にしようと思います。

 

Nutanixの認定資格制度についてご存知でしょうか?Nutanixも他のベンダー同様、認定資格があります。

■ Nutanix認定資格とは?

顧客を含むパートナー向けの教育プログラムの一貫で、Nutanixのソリューションを正しく理解し、提案/導入が可能であることを認定する制度です。2015年11月現在、Nutanix社認定資格は大きくセールス向けとエンジニア向けに構成されています。セールス向けはNutanix Sales Academyとエンジニア向けのNPP、NSS、NPXがあります。

nutanix_certifications01

 

NSA (Nutanix Sales Academy)は以下の4つのレベルで構成されているセールス・プリセールスエンジニア向けの資格で、VMware社のVSP(VMware Sales Professional)と同じレベルの資格になりでしょうか。

NPSR (Nutanix Platform Sales Representative) – レベル1
NPSS (Nutanix Platform Sales Specialist) – レベル2
NPSC (Nutanix Platform Sales Champion) – レベル3
NPSX (Nutanix Platform Sales eXpert Certification) – レベル4

NPSCとNPSXは実際のところ、Nutanixソリューションの販売実績が条件の一つなので中々厳しいものにはなりますが、NPSRとNPSSはオンライントレーニングに取得できます。

NPSE (Nutanix Platform Sales Engineer)
:セールス関連はもちろんプロダクトのデモやレビューまで対応できるセールスエンジニア向けの資格です。

NPP (Nutanix Platform Professional)
:強いていえばマイクロソフト社のMCPやVMware社のVCPレベルと同じ位置付でしょうか。いわゆるNutanix Platformの導入から簡単なトラブルシューティングまで対応できるテクニカルエンジニア向けの資格です。

NSS (Nutanix Support Specialist)
:Nutanix Platformで起きるトラブルを解決できる能力を認めるサポートスペシャリストの資格です。元々認定サポートパートナー向けでしたが、現在は利用顧客でも取得ができるようになりました。

NPX (Nutanix Platform eXpert)
:Nutanix社認定資格のうち、最上位の資格と言えます。VMware社のVCDXと同様、自分が設計したソリューションのドキュメントを持って応募し、そのドキュメントのレビューが合格した後、審査員にプレゼン(英語で!)をする必要があります。気が遠くなりますね。。。w

 

■ Nutanix認定資格を取るには?
なんといってもNutanix認定資格は基本、無償で取得ができます!w  もちろん有償クラスルームトレーニングもありますが殆はオンライントレーニングを受け、オンラインテストにパスすると取得できます。

nutanix_certifications02

 

オンライントレーニングとテストは、以下のNutanixのeducationポータルであるnu.schoolに登録し、受講後はテストを受けるだけです。

 

“資格を持っている=Nutanix expertとしてなんでも知ってる”ということはありませんし、もちろん取得が必須ということもありませんがHyperconverged Infrastructureの概要を含めNutanixの技術を学べる良いチャンスなので、ご興味のある方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

余談ですが、NPP所有者の最年少は8歳だそうです。Σ(゚д゚lll)