[VMware] vRealize OperationsとvRealize Log Insightの統合

vRealize Operations(vROps)はご存知の通り、vSphere環境をモニターリングして将来のリソース枯渇の予測やインフラの集約率を分析できる製品です。またvRealize Log Insight(vLI)はvSphere環境から発生する各種ログを集中管理できる製品です
この2つの製品を統合することによって仮想インフラのモニターリングとログ分析をより効果的に行うことができます。

ということで、簡単な手順ではありますがvROpsにvLIを統合してみます。

まず、vROpsとvLIを導入します。両方ともに仮想アプライアンス導入し、初期セットアップまでは実施済みです。

<vLIからvROpsへ接続>

vli01
vLIのダッシュボードより[管理]を選択します。

 

vli02

左メニュの[統合]より、”vRealize Operations”を選択、vROpsのホスト名、接続アカウント名、パスワードを入力し、保存するとvLI側からvROpsを登録することになります。

<vROpsからvLI用管理パックをインストール>

vLIで正常にvROpsが登録されましたら、今度はvROpsからvLIの管理パックをインストールします。

 

vli03

VMware Solution Exchangeより”Management pack for vRealize Logsight”をダウンロードします。

 

vli04

ダウンロードしたvLI用管理@アックをvROpsのソリューションとしてインストールします。

 

vli05

vLI用管理パックを追加した画面です。vLI用管理パックの場合、接続に必要なアダプターの作成は必要ないため、これでvROpsの作業は完了です。

 

vli06

ソリューションの追加後は、vROpsの[アクション]メニューにvLI用リンクが追加されます。このリンクをクリックするとvLIのウイが表示され、オブジェクトで発生したログをより詳しく管理することができます。

 

もちろん、vLIだけでも十分ログを分析、管理することが可能です。が、vROpsと統合することによって単なるログ管理だけではなく異常状況の傾向や将来予測などvSphereインフラ全般の運用管理をより効率的にできます。

 

2つの製品を導入している場合は、是非統合して運用することをオススメします。

 

 

 

[Microsoft] Remote Desktop Services Diagnostic Tool

マイクロソフトのRDS/VDIはWindows ServerのOSの標準機能だけで構成が可能なため、他のVDIソリューションに比べて導入も簡単ですし、もちろん初期導入コストも抑えられます。

が、管理ツールの劣悪さと言ったら。。。
関連コンポーネントやコレクションの最小限な管理はサーバーマネージャーからできますが、トラブルシューティングに関する情報をほとんど得られません。

例えば、コレクション作成が失敗した場合、確認できるのはイベントログしかありません。イベントIDを見つけ出し、一生懸命ググるしかありません。またセッション情報の履歴も確認ができません。

こういった管理の不便さを少し補うツールを見つけました。(2013年11月に公開されていました。汗)

Remote Desktop Services Diagnostic Toolという名前のこのツールをRD接続ブローカー上にインストールすることで次のような情報が確認でき、トラブルシューティングに必要な情報を得られます。

  • コレクション情報
  • フェールオーバークラスター上の仮想マシンの情報
  • 仮想デスクトップデプロイ情報
  • データーベースのダンプ
  • イベント、トレース情報の収集

rdvdiag01

 

コレクション情報の画面です。

 

rdvdiag02

 

仮想デスクトップのデプロイ情報です。デプロイが失敗した場合の関連イベントログが確認できます。

 

 

 

rdvdiag03

 

ユーザーの接続履歴も確認できます。フィルタリングを利用することによって、仮想デスクトップを対象にすることも可能です。

 

rdvdiag04

 

RD接続ブローカーのDBのダンプ採取も可能です。

 

ツールはここからダウンロードができます。

 

しかし。。。あれですね。マイクロソフト社はRDS/VDIにはあまり興味がないですかね。