[VMware] vRealize Automationの導入 (21)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成
(15)vROエンドポイントの作成
(16)イベントブローカーの設定
(17)NSXとの統合
(18)仮想マシンのインポート
(19)仮想マシンの解除
(20)vROpsの統合 – vRA側
(21)Health Serviceの構成

 

久しぶりのvRAシリースです。;)

 

vRA 7.3でいくつか追加された機能があり、vRA環境の健全性を確認できるHealth Serveiceもその一つです。このHealth Serviceはシングル/マルチvRA環境とvROの健全性をチェックするものでスケジューリングが可能なため、定期的に環境の健全性を確認することができます。

Health Serviceを構成できるのはIaaS管理者で、構成したHealth Serviceはテナント管理者やHealth Consumerであれば参照できます。

 

(21) Health Serviceの構成

 

① [管理]タブより[Health]を選択し、[NEW CONFIGURATION]をクリックします。

※このHealth Serviceは、複数vRAまたはvROを登録できるため、まずは健全性をチェックする環境のテストカード(プロファイルのようなもの)を作成します。

 

② ウィザードが表示されるので、以下のテストカードの概要を構成します。

  • Name:健全性チェックのテストカード名
  • Product:健全性をチェックするプロダクト(vRAかvROか選択可能)
  • Schedule:健全性チェックを実施するスケジュール

 

③ 健全性をチェックする項目を選択します。vRAを選択した場合は”システム”か”テナント”が選択できます。

 

④ 対象vRA環境の情報を入力します。

  • Public Web Server Address:vRAアプライアンスのURL
  • SSH Console Address:vRAアプライアンスのFQDN
  • SSH Console Password:vRAアプライアンスのrootパスワード
  • System Tenant Password:vRAデフォルトテナント(vsphere.local)のパスワード
  • Tenant Under Test:健全性チェックを実施するテナント
  • Fabric Administrator Username:健全性チェックを実施するテナントのファブリック管理者
  • Fabric Administrator Password:健全性チェックを実施するテナントのファブリック管理者パスワード

※入力が必要な項目だけ明記しています。

 

⑤ [Finish]をクリックして、テストカードの作成を完了します。

 

⑥ 作成したテストカードの[RUN]をクリックし、健全性チェックを実行します。環境の規模にもよると思いますが、小規模ですと1分程度でチェックが完了します。

 

⑦ 結果は、まず視覚的に分かりやすい円グラフで表示され、各色をクリックすると詳細が確認できます。

 

⑧ 詳細は健全性チェック結果をはじめ、失敗した場合はその原因と修正方法が参照できます。

※修正方法と言ってもクリックするとドキュメンテーションページに飛ぶだけですけどね。;)

 

⑨ 複数のvRA環境やテナント、vROまでテストカードが構成できるのですべての環境を1つの画面で直感的に健全性が分かります。

 

vRSLCMもそうですけど、テストカードの配置もできるようにしてほしいですね。:)

 

広告

[VMware] vRealize Automationの導入 (20)

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成
(15)vROエンドポイントの作成
(16)イベントブローカーの設定
(17)NSXとの統合
(18)仮想マシンのインポート
(19)仮想マシンの解除
(20)vROpsの統合 – vRA側

 

今回はvROpsの統合について紹介したいと思います。

ご存知の通り、vROpsは正常監視およびインフラ許容範囲の予測、パフォーマンスの分析が可能なツールです。このvROpsをvRAと統合するとvRAでデプロイした仮想マシンのヘルスバッジをアイテム上に表示することができます。利用者は自分のアイテムページで仮想マシンのヘルス状態が一目で分かるようになります。またvROps側ではvRAのテナントやビジネスグループ、ブループリントなどのオブジェクトをダッシュボードから確認できテナントやビジネスグループのヘルス状態はもちろん、どのブループリントが人気があるのかも把握できます。vROps 6.5まではvRA環境をモニタリングするためには管理パックを別途インストールする必要がありましたが、6.6からはvSAN同様、vRA管理パックも統合されていてより簡単にモニタリングができるようになりました。

 

今回はまず、vRA側でvROpsのヘルスバッジを表示する手順を紹介し、別の機会にvROpsからvRA環境をモニタリングする手順を紹介します。

 

(20)vROpsの統合 – vRA側

 

① vRAポータルよりテナント管理者でログインし、[管理] → [リソースの再利用]順にクリックします。

 

② [メトリックプロバイダ]から”vRealize Operations Manager エンドポイント”を選択、次のvROps情報を入力します。

  • URL : https://vROps/suite-api
  • ユーザ名 : vROps管理者アカウント
  • パスワード : vROps管理者パスワード

 

③ [接続テスト]を実行し、正常に接続できることを確認後[保存]をクリックします。

 

④ vROpsの証明書を信頼すれば設定は終わりです。

 

⑤ 設定が終わるとアイテム側にvROpsのヘルスバッジが表示されます。上図のように[管理] → [リソースの再利用] → [展開]一覧にもヘルス情報が表示されます。

 

⑥ 今度は利用者で接続してみます。自分のアイテムを選択すると画面右下に仮想マシンのヘルス状態が分かるヘルスバッジが表示されることが確認できます

 

これでvRA側でのvROpsの統合が終わりです。簡単です。 🙂 次回はvROps側でvRAのオブジェクトをモニタリングするための手順を紹介したいと思います。

 

[VMware] vRealize Automationの導入 (19)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成
(15)vROエンドポイントの作成
(16)イベントブローカーの設定
(17)NSXとの統合
(18)仮想マシンのインポート
(19)仮想マシンの解除

 

前回は、既存の仮想マシンをvRA管理下に置く(インポート)する手順について紹介しました。今度はその逆で仮想マシンをvRA管理下から解除する手順について紹介します。

 

仮想マシンをvRAにインポートする場合と違って、解除の場合はGUIではできません。 🙂  仮想マシンをvRA管理下から解除する場合はCloud Clientツールを利用する必要があります。

 

(19)仮想マシンの解除

 

① まず最新のCloud Clientツールをダウンロードします。2018年2月現在の最新バージョンは4.4です。

 

② ダウンロードしたファイルを解凍し、[bin]フォルダの中の”cloudclient.bat”を実行します。

 

③ 以下のコマンドでまずは、vRA仮想アプライアンスに接続します。

vra login userpass –user テナント管理者 –tenant 仮想マシンが稼働中のテナント –server vRAアプライアンス FQDN –password テナント管理者のパスワード

※ –(ハイフン ハイフン)

 

④ 正常に接続できたら、今度はvRA IaaSサーバのmodel managerに接続します。

vra login iaas –user vRA IaaS管理者 –domain ドメイン –server vRA IaaSサーバFQDN –password vRA IaaS管理者のパスワード

※ –(ハイフン ハイフン)

 


⑤ vRA IaaSサーバにも正常に接続できたら、以下のコマンドで解除する仮想マシンを確認しましょう。

vra machines list

 


⑥ 仮想マシンが確認できたら、次のコマンドで仮想マシンを解除します。

vra machines forceunregister –name 仮想マシン名

※ –(ハイフン ハイフン)

 


⑦ コマンドを実行すると、Cloud Client上では数秒で、vRAポータルでは数分以内に仮想マシンが解除されます。(もちろん仮想マシンの実体が削除されたりはしません。vRAの管理下で解除されるだけです)

 

ここまでが仮想マシンをvRA管理下から解除する手順でした。

 

 

[VMware] vRealize Automationの導入 (17)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成
(15)vROエンドポイントの作成
(16)イベントブローカーの設定
(17)NSXとの統合

 

お久しぶりです。;)

今回はNSX for vSphereを統合する手順を紹介します。vRA 7.0以降NSX関連情報が増えてきています。理由はもちろんNSXの導入が増加しているためでしょう。多くの企業がNSXの検証を終え、本番環境への導入も増えてきています。少々古い情報ですが2016年だけで約2,400社がNSXのライセンスを購入しているとの発表がその根拠かなと…

で、NSXを統合する理由は?というともちろんvRAのブループリントでNSXの機能が利用できるからです。:)

 

(17)NSXとの統合

 

① [インフラストラクチャ] → [エンドポイント]順位クリックします。

 

② [エンドポイント]を選択し、[新規] → [ネットワークおよびセキュリティ]の[NSX]をクリックします。

※ちなみにvRA 7.2までは、下図のようにvCenterエンドポイントの一部して設定する形でした。

 

 

③ [全般]タブより、必要情報を入力し、[接続をテスト]をクリックします。

  • 名前 : NSXエンドポイント名
  • Address :  NSX ManagerのURL
  • User name : NSX Managerの管理者アカウント
  • パスワード :NSX Managerの管理者アカウントのパスワード

 

④ 自己証明書の警告を確認後、[OK]をクリックします。

 

⑤ 接続テストが成功したことが確認できたら、[関連付け]タブをクリックします。

 

⑥ [新規]をクリックし、名前のプルダウンメニューからvCenterのエンドポイントを選択し、[OK]をクリックします。

※ これは、既存のvCenterエンドポイントと作成したNSXのエンドポイントを紐付けるためです。vRA 7.2ではそもそもvCenterエンドポイントの一部としてNSXを統合したのでこの手順は不要でした。

 

⑦ [OK]をクリックし、エンドポイント作成を完了します。

 

⑧ では、きちんとNSXエンドポイントが作成されたか確認してみます。[コンピュートリソース] → [コンピュートリソース]順にクリックし、作成したコンピュートリソースから[Data Collection]を実行します。

 

⑨ NSXのエンドポイントが作成されるとData Collectionに”Network and Security Inventory”項目が追加れます。Statusが”成功”することを確認します。

 

⑩ 今度は[予約]の[Network]タブを見てみます。ちゃんと利用可能なネットワークとしてNSXの論理ネットワークが表示されることが確認できます。

 

これでNSXの統合手順は終わりです。次は仮想マシンをvRA管理下にできる仮想マシンのインポート方法について紹介したいと思います。

 

[VMware] vRealize Automationの導入 (2)

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール

 

前回までは簡単にvRAがどういうものかを説明しました。今回はいよいよインストールについて紹介します。

まず、この”vRealize Automationの導入”シリーズで使用する環境は以下のとおりです。一先ず必要最低限なサーバだけを用意しました。ある程度進んだらvROpsやvRLIとかが登場するかもしれません。ちなみにvRAアプライアンスとIaaS用Windows ServerやSQL Serverなどは既にインストール済みで、IaaS用Windows ServerとSQL ServerはADドメインに参加している状態です。

 

(2) vRAのインストール

作業の前に…

  • インストールウィザードはIaaS Server以外のサーバ(または端末)で実施します。
  • vRAはライセンス入力なしでは進められません。評価版で検証する場合は事前に評価版ライセンスを用意しておきます。
  • できればIaaS Serverはインストール作業中はインターネットにアクセスできることが望ましいです。

 

① ウェブブラウザをvRAアプライアンスの管理UIにアクセスします。サポートしているブラウザはIE 10以上、Firefox、Google Chrome、Microsoft Edgeです。

 

② 自動的にインストールウィザードが表示されます。そのまま[Next]をクリックします。

 

③ EULAに同意後、[Next]をクリックします。

 

④ デプロイタイプを選びます。このシリーズは”Minimal deployment”でデプロイすることとします。合わせてIaaSサービスも自動的にインストールするようにします。[Next]をクリックします。

※vRAはデプロイする規模によって3つ(small、medium、large)に構成パターンがあり、インストールパターンは大きくminimal(small)とEnterprise(medium、large)に分かれます。medium以上の場合はvRAアプライアンスやIaaS Server、DEMなどのコンポーネントを冗長構成にする必要があります。

 

⑤ インストールの前提条件を満たします。インストールに必要な最低限な条件は以下のとおりです。

  • IaaS Serverの用意
  • IaaS ServerにManagement Agentをインストール
  • NTP設定

IaaS Serverは既に準備しています。IISなどの要件がありますがここでは何も構成しません。Management Agentファイルのリンクをクリックし、ファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルはIaaS Server上にコピーしておきます。

 

⑥ IaaS Serverに管理者としてログインし、コピーしたManagement Agentファイルを実行します。

 

⑦ EULAに同意後、[Next]をクリックします。

 

⑧ インストールパスはデフォルトのままで、[Next]をクリックします。

 

⑨ 管理サイトサービスを構成するため、vRAアプライアンスの情報を入力し、証明書をロードします。

 

⑩ 証明書がロードされたら、証明書マッチにチェックを入れ、[Next]をクリックします。

 

⑪ Management Agentサービスアカウントを指定し、[Next]をクリックします。

 

⑫ インストールを開始します。

 

⑬ インストールはすぐに完了します。Management Agentのインストールが終わったら、IaaS Serverからログオフします。

 

⑭ 再度vRAインストールウィザードに戻り、NTPサーバを設定し、[Change Time Setting]をクリックします。

※他のアプライアンスもそうですが、構成する各コンポーネント間の時刻同期は非常に重要です。必ず合わせてください。

 

⑮ 時刻設定あ無事変更されたことを確認し、[Next]をクリックします。

※インストールしたManagement AgentによってIaaS Serverが検知され時刻同期の差がないことが確認できます。

 

⑯ 前提条件が揃ったかを確認します。[Run]をクリックします。

 

⑰ ご覧のとおり、前提条件を満たしてないというメッセージが表示される場合は、[Fix]をクリックします。

※今更ながらですが、vRAインストールウィザードはIaaS Server上で実行しないでください。[Fix]を実行するとIaaS Serverに必要な役割などが追加され自動的に再起動が行われます。再起動されてしまうと本インストールウィザードには戻れません。最初からやり直しになりますので、ご注意ください。

※[Fix]を実行して前提条件をクリアするためにはIaaS Serverが一時的にインターネットにアクセスできる必要があります。クローズド環境で構成をする場合は、前提条件を参照に予め役割や.NET FrameworkやJavaなどをインストールしておきます。

 

⑱ [Fix]によって前提条件が揃えたのを確認してから、[Next]をクリックします。

 

⑲ vRAアプライアンスのホスト名を指定します。このホスト名がvRA環境のURL名になります。別名を指定しないのであれば”Resolve Automatically”を選択し、vRAアプライアンスのホスト名を利用します。[Next]をクリックします。

 

⑳ システム管理者のパスワードを指定します。ここで指定したパスワードはvRAインストール後、デフォルトテナントにアクセスする際に必要です。

 

㉑ IaaS Web Serverのアドレスを入力します。今回は”Minimal deployment”のため、すべてをIaaS Serverにインストールしますので、IaaS Serverを指定します。合わせてログインアカウントとパスワード、データベース用セキュリティパスワードも指定します。

 

㉒ IaaSデータベース用SQL Serverの情報を入力し、[Next]をクリックします。データベースはこのウィザードからプッシュで新規作成することも作成しておいたデータベースを指定することも可能です。

 

㉓ DEM情報を入力します…というか自動的に入力されますのでそのまま[Next]をクリックします。

 

㉔ Agentの情報も自動的に入力されますのでそのまま[Next]をクリックします。

※ここで重要な部分があります。“Agent Name”と”Endpoint”の設定値はメモしておきます。テナント設定時必要になります。特に”Endpoint”の値が上記の内容と違うとエンドポイントが設定されません。

 

㉕ vRAアプライアンスの証明書を生成します。事前に作成しておいた証明書もインポートできます。

 

㉖ 生成(またはインポートした)証明書を確認後、[Next]をクリックします。

㉗ 今度はIaaS Webサービス用証明書を生成します。事前に作成しておいた証明書もインポートできます。

 

㉘ 生成(またはインポートした)証明書を確認後、[Next]をクリックします。

 

㉙ [Validation]をクリックし、ここまで設定した内容が有効であるかを確認します。

 

㉚ すべての内容の有効なら[Next]をクリックできます。:)

※Validationが失敗した場合は、失敗した内容を修正しないとこれ以上は進めません。

 

㉛ vRAインストール実施前に、vRAアプライアンスとIaaS Serverのスナップショットを取得します。これで万が一インストールが失敗しても最初からvRAアプライアンスやIaaS Serverを用意する必要がなくなります。

 

㉜ いよいよインストールです。[Install]をクリックし、インストールを開始します。

 

㉝ インストールは約20分ほどかかりました。すべてのインストールプロセスが成功したこと確認し、[Next]をクリックします。あともう少しです。 :)

 

㉞ ライセンスを登録します。

 

㉟ 検証環境なので、CEIP参加のチェックを外し[Next]をクリックします。

 

㊱ インストール事後オプションを選択します。検証環境なのでイニシャルコンテンツを構成するオプションを選択しました。[Next]をクリックします。

※このオプションによってデフォルトテナントにワークフロー作成に必要なコンテンツが作成されます。

 

㊲ イニシャルコンテンツ構成に必要なconfigurationadminのパスワードを設定し、[Create Initial Content]をクリックします。

※ここで作成されるconfigurationadminはvRAローカル管理者で、インフラストラクチャー管理者、テナント管理者、vRO管理者権限を持っています。

 

㊳ 数分でイニシャルコンテンツが構成されます。完了したら[Next]をクリックします。

 

㊴ 遂にvRAのインストールが完了しました。お疲れ様でした! :)

 

㊵ 無事vRAのインストールが完了した記念にデフォルトテナントページにアクセスしてみましょう。デフォルトテナントのURLは以下のとおりです。

 

これでvRAのインストールが終わりです。次回はグローバル設定について紹介します。