[VMware] vROps 6.6リリース

他のプロダクトより短い間隔で新しいバージョンがリリースされているvROpsの新しい6.6バージョンが6月上旬リリースされました。このvROpsはVMware社のSDDC戦略のコアプロダクトの一つとして、バージョンを重ねるに連れて他のプロダクトのモニタリング機能が追加されつつあります。

 

今年3月にリリースされた6.5まではある意味バグ修正と性能安定が中心でしたが、本6.6は見た目から大きく変更されています。

まず、UIが大きく変わりました。遂にvROpsもHTML5対応になりました!祝!

よって画面遷移はもちろん全体的に操作が非常に軽いです。

※ご覧ください!このシンプルでキレイなUIデザイン!

 

HTML5化に伴いメニューも変更されました。プロダクト中心だったダッシュボードも操作、容量、パフォーマンスやトラブルシューティングにカテゴライズされ、より簡単にインフラのヘルス状態の確認できるようになりました。

※パフォーマンスのトラブルシューティングダッシュボードではプロダクトの種類と関係なく、仮想マシンを始めvSAN、クラスタ、データストアなどカテゴリでその状態が確認できます。

 

もう一つ大きい変更はvSANのモニタリング機能が統合されたことです。6.5まではvSANの環境をモニタリングsるためにはMPSD(Management Pack for Storage Devices)を別途インストールする必要がありました。6.6ではこのモニタリング機能が統合されMPSDをインストールする必要がなくなっています。(もちろん他のストレージをモニタリングするためにはMPSDをインストールする必要があります)


※ No more MPSD for vSAN! 🙂

 

以外にも仮想インフラ上の負荷状況を分析、vRAでデプロイする仮想マシンを最適なホストに位置させる自動ロードバランス機能やvSphereのハードニングコンプライアンス状態が確認できるダッシュボードも追加されました。

※パフォーマンスだけではなくコンプライアンス準拠状態も確認できます。

 

詳しい内容はリリースノートドキュメントをご確認ください。

[Nutanix] AOS 5.1リリース

5月1日、NutanixのAOS 5.1がリリースされました。

Upgrade to AOS 5.1 Today!

Nutanix

メジャーバージョンの5.0リリース後、約5ヶ月ぶりの新しいバージョンで以下の機能が新たに追加されました。

  • All Flash、Hybrid混在のクラスタ構成可能
  • vSphere 6.5/vCenter 6.5サポート
  • PrismよりCVMのメモリ増強可能
  • adminアカウントからCVMコンソールへ接続可能
  • ユーザが定義したアラート機能
  • SSPよりDocker Container管理可能

 

合わせて5.0ではテクニカルプレビューだったHot-Add機能、XenServerが正式的にハイパーバイザーとして利用できるようになりました。

 

またAOS以外にPrism Central、AFS、ACS、Foundationもそれぞれ新しいバージョンがリリースされました。

 

より詳しい内容はリリースノートをご参照ください。

 

[VMware] vSphere 6.5 GA リリース

10月スペインのバルセロナで行われたVMworld 2016 Europeで発表されましたvSphere 6.5GAがリリースされました。

VMware Announces General Availability of vSphere 6.5

今まで確認されたvSphere 6.5の新機能は以下の通りです。

まあ、これから沢山の情報が出てくるでしょうからある意味楽しみです。:)

  • Auto Deployの完全なGUI管理機能サポート
  • ハードウェアのステータスを監視、障害を予測しアクティブに仮想マシンを退避させるProactive HA
  • 問題のあるESXiホストをDRS対象ホストから除外する”隔離モード”
  • サービス、アプリケーションの依存関係にある仮想マシンを順序に退避できる仮想マシンのルール
  • FTTによるアドミッションコントロールの簡略化
  • HTML5の新しいvSphere Clientの提供
  • vSphere FTのマルチNICのサポート
  • 仮想マシンの数によるDRS
  • 物理CPU:仮想CPU比率による仮想マシンの起動制限
  • DRS動作の際にネットワーク利用率を考慮して、物理ネットワーク利用率が80%以上のESXiホストへのDRS回避
  • ストレージポリシーによるSIOC構成可能
  • コンテンツライブラリの改善(コンテンツのバックアップ、リストア)
  • 仮想マシンの暗号化、vMotion時の暗号化、セキュアブートモデル、監査ロギング可能
  • VMFS-6
  • クローラによるunmapの自動適用

vSphere 6.5のGAと共に次のプロダクトの新バージョンもリリースされました。

  • VMware vSAN 6.5
  • VMware vRealize Automation 7.2
  • VMware vRealize Log Insight 4
  • VMware vRealize Operations 6.4