[VMware] vSANアップグレードガイド

先日vSphere 6.5 Update 1のリリースと同時にvSANの6.6.1に若干(!)バージョンが上がりました。

vSAN 6.6.1は、まあ〜マイナーバージョンアップ(しかも0.0.1)ですので”バグ修正版”かと思いきや新しいライセンス体系や機能改善がしっかりと含まれていました。

  • vSphere Update Managerとの統合:VUMを利用しvSAN関連パッチを適用できるようなりました。
  • vSANパフォーマンス診断機能改善:バージョン6.6でCEIPを通じてvSANクラスタのヘルス状態や情報をVMware社に転送できるようになりまたが、6.6.1ではその情報を基にディスクのスループットやレイテンシーなどのベンチマーキングが可能になりました。
  • ストレージデバイスのメンテナンス改善:vSANで使用しているディスク以外のストレージデバイスに関してもvCenterよりLEDを点滅させることができます。w
  • 新しいライセンス体系の追加:”vSAN Enterprise for ROBO”エディションでも”暗号化”と”拡張クラスタ”が構成できるようになります。また”Horizon Advanced”や”Horizon Enterprise”に”vSAN Advanced”エディションが含まれるようになりました。

 

で、数日前に今度は”vSANアップグレードガイド”が公開されました。

正確には古いバージョンのvSAN(vSAN 6.6を含む)から6.6.1にアップグレードする際に考慮すべき以下の内容で構成されています。

  • vSANアップグレード時のディスクフォーマットバージョンとバージョンアッププロセス
  • ネットワーキング(6.6以前のマルチキャストからユニキャストへの変更に伴う考慮点)

上記以外にアップグレードには必須であるvCenterのアップグレード方法やvSANアップグレード時のトラブルシューティングの内容も含まれています。

 

1世代のVirtual SAN 5.5のリリースから4年が過ぎました。5.5を含む古いバージョンを導入している方の中ではバージョンアップを検討される方もいるんじゃないでしょうか。アップグレードを検討している方は是非お読みください。

 

広告

[VMware] Virtual SAN Design and Sizing Guide for Horizon View

Virtual SANが利用できる環境でHorizon Viewを導入する際に考慮すべきサイジングとデザインのガイドがリリースされました。

このガイドはVirtual SANとHorizon Viewの特徴説明をはじめ、ホスト、ストレージ、ネットワークまで項目別に説明をしながら構成デザインについても説明しています。

guide

 

ご興味のある方は是非読んでみてください。

ダウンロードはここから。。。