[Nutanix] 4.6 CEを 5.0 CEにアップグレード

2016年12月23日、遂にAOS 5.0のGAがリリースされましたね。

メジャーバージョンアップということで45以上の新しい機能が追加されたとのことしたが、これらの機能はもちろんCommunity Editionでも全て検証ができます。

ということで、自分の検証環境である4.6を5.0にアップグレードすることにしました。

(5.0のCEも2017年1月3日、リリースされましたー)

 

upgrade-00upgrade-15

まずは、ここから最新のCEのアップグレードファイルをダウンロードします。

upgrade-03

それではCVMからアップグレードをします。管理メニューより[Upgrade Software] → [Acropolis] タブよりダウンロードしたメタデータファイル”ce-2016.12.22-metadata.json”とバイナリファイル”nutanix_installer_package.tar.gz”をアップロードします。

upgrade-10

アップロード後は、[Upgrade Now]をクリック、アップグレードを実施します。[Upgrade Now]でも一応[Pre-Upgrade]が走るので問題ありませんが、気になる方はアップグレード前に[Pre-Upgrade]を実施してみてください。

upgrade-13

アップグレードが完了し、Acropolisのバージョンが上がりました。CVMからも最新のバージョンにアップグレードされたことが確認できます。

upgrade-21

今度は、CVMと同様、ダウンロードした”host-bundle-e7l.nutanix.20161118.100427-metadata.json”と”host-bundle-e7l.nutanix.20161118.100427.tag.gz”をアップロードし、Acropolisハイパーバイザーをアップグレードします。

upgrade-23

アップグレードが完了し、Acropolisのバージョンが上がりました。

アップグレードの対象は、Nestedの3ノードでした。アップグレードにかかった時間は、CVMとAcropolisハイパーバイザー合わせておよそ40分ほどかかりました。

バージョンも上がったことだし、色々試してみたいと思います。

[VMware] VSANのアップグレード時の注意点

12月7日、VSANアップグレードに関して気になるKBが公開されました。

VSANを構成しているESXiノードを5.5から6.0にアップグレードの際に、VSANデータがロストする恐れがあるとのことです。具体的には以下のような条件が揃った場合、発生するとのことです。

  • ESXi 5.5、6.0が混在してるVSANクラスタの場合
  • ESXi 5.5、6.0が混在してるVSANクラスタでオブジェクトの再構成された場合
  • 再構成されたオブジェクトのコンポーネントが格納されている複数のESXi 5.5が6.0にアップグレードされる前に再起動した場合

今のところ、事象の解決策はないため、VMware社では有効な解決方法が公開されるまでVSANノードのESXi 5.5から6.0へのアップグレードは行わないよう強く推奨しています。

が、どうしてもVSANのアップグレードが必要な場合のワークアラウンドも提示されています。

  • 仮想マシンをVSAN以外のストレージにStorage vMotionしてから実施
  • VSANクラスタ内のすべてのESXiノードのディスク空き容量を20%(ディスク使用率が80%を超えると自動的にオブジェクトの再構成が実施されるため)以上確保
  • ESXiノードアップグレード時、Storage Policyなどのオブジェクト再構成が必要な操作を行わない
  • ESXiノードアップグレード時、アップグレードプロセスで必要な再起動以外のESXi 5.5の再起動はしない(障害発生時でも含む)

 

詳細な内容はここをご確認ください。

まあ、VSANをアップグレードはマッテ!ということですな。。。 🙂