[VMware] vROps 6.6リリース

他のプロダクトより短い間隔で新しいバージョンがリリースされているvROpsの新しい6.6バージョンが6月上旬リリースされました。このvROpsはVMware社のSDDC戦略のコアプロダクトの一つとして、バージョンを重ねるに連れて他のプロダクトのモニタリング機能が追加されつつあります。

 

今年3月にリリースされた6.5まではある意味バグ修正と性能安定が中心でしたが、本6.6は見た目から大きく変更されています。

まず、UIが大きく変わりました。遂にvROpsもHTML5対応になりました!祝!

よって画面遷移はもちろん全体的に操作が非常に軽いです。

※ご覧ください!このシンプルでキレイなUIデザイン!

 

HTML5化に伴いメニューも変更されました。プロダクト中心だったダッシュボードも操作、容量、パフォーマンスやトラブルシューティングにカテゴライズされ、より簡単にインフラのヘルス状態の確認できるようになりました。

※パフォーマンスのトラブルシューティングダッシュボードではプロダクトの種類と関係なく、仮想マシンを始めvSAN、クラスタ、データストアなどカテゴリでその状態が確認できます。

 

もう一つ大きい変更はvSANのモニタリング機能が統合されたことです。6.5まではvSANの環境をモニタリングsるためにはMPSD(Management Pack for Storage Devices)を別途インストールする必要がありました。6.6ではこのモニタリング機能が統合されMPSDをインストールする必要がなくなっています。(もちろん他のストレージをモニタリングするためにはMPSDをインストールする必要があります)


※ No more MPSD for vSAN! 🙂

 

以外にも仮想インフラ上の負荷状況を分析、vRAでデプロイする仮想マシンを最適なホストに位置させる自動ロードバランス機能やvSphereのハードニングコンプライアンス状態が確認できるダッシュボードも追加されました。

※パフォーマンスだけではなくコンプライアンス準拠状態も確認できます。

 

詳しい内容はリリースノートドキュメントをご確認ください。

[VMware] vExpert 2017 後半応募開始

VMwareの技術、ソリューションを広めたユーザへ表彰するvExpertプログラムの2017年後半の応募が開始されました。2014年から1年に2回応募ができるようになりました。

vexpert_logo

ご存知の通り、このvExpertプログラムはブログやコミュニティは、勿論セミナーのプレゼンテーションや執筆などVMware社プロダクトを広めてきたユーザであれば自薦他薦問いませんのでぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 

応募期間は2017年6月7日から7月7日までの1ヶ月間で受賞者の発表は8月11日です。

 

 

[VMware] vSANネットワークデザインガイド

vSAN 6.6バージョンに合わせたネットワークデザインガイドがリリースされました。

VMware vSAN Network Design

 

以前バージョンではPDFのみ提供されましたが、今回は非常に分かりやすいオンラインページとして構成されています。(もちろんPDFファイルとしもダウンロードできます)

ネットワークアダプターのチーミングのような基本的な構成から拡張クラスターやiSCSIターゲットの構成などのベストプライクティスと手順が含まれていますので確認してみてください。

 

 

[VMware] vCloud Air事業を売却

少し時間が経ちましたが、VMware関連のニュースを2つ共有します。

まず、一つはVMware社のパブリッククラウドサービスであるvCloud Airの事業を売却するとのことです。

OVH Announces Intent to Acquire VMware vCloud Air Business

VMware社は案外、パブリッククラウド市場では苦戦を強いられていました。AWSはもちろんAzureとの差は広がる一方で中々その差を縮めることはできず、結局彼らが得意とするハイブリッドクラウドへの方向性をより強くした”クロスクラウドアーキテクチャー”戦略に変更したわけです。まあ、今回の売却はその過程の一つかもしれません。

ちなみにvCloud Air事業はフランスのクラウドサービスプロバイダーのOVH社とのことです。

もう一つは、vSphereのバックアップ/リカバリーソリューションだったvSphere Data Protection(VDP)が今後のvSphereバージョンでは利用できなくなるとのことです。

VMware vSphere Data Protection EOA Alert

EMC社のAvamarエンジンを使い、バックアップ時の重複排除など安定性と信頼性はもちろん”無償”ということで多くの管理者に愛されてたと思いますが、次期バージョンのvSphereからはVDPは利用できなくなります。

この発表と同時に、Dell EMC社ではVDPを利用している顧客に対し、Avamar Virtual Editionへ移行した場合、最初の4TBの保護昨日について無償で提供すると発表しました。

About Dell EMC Avamar and vSphere Data Protection

[VMware] vSAN 6.6 発表

2日前(4/12)しれっとvSAN 6.6が発表されました。

去年11月vSAN 6.5がリリースされてから約半年ぶりの新しいバージョンですがVMware社が言ってるように今までのどのバージョンより多い機能が追加され、改善/向上されました。

少しまとめてみますと…

● 暗号化
vSAN 6.5ではVMレベルでの暗号化だったが、6.6ではクラスタ(vsandatastore)レベルで暗号化が可能。

● ストレッチクラスタのローカル保護
ストレッチクラスタ構成時、サイト間のデータ保護だけではなく、サイト内でのデータ保護も可能。例えばサイト間はPrimary FTT=1で、サイト内はSecondary FTT=1または5/6でデータ保護が可能。

● サイトaffinity構成可能
ExchangeのDAGやSQL ServerのAlwaysOnのようにアプリケーションレベルで可用性が確保できているVMに対してFTT=0(保護なし)構成が可能 ※ストレッチクラスタ構成時のみ利用可能。

メータデータ操作で使われたマルチキャストの代わりにユニキャストに変更
no more IGMP snooping configuration! 🙂

● UI改善
Web Clientからvmdk、VM Home以外にもVM SWAP、スナップショットファイルのポリシー適用状態を確認可能。

● Smart Rebuild
Absent状態から60分後にホストが復旧した場合、vSAN側でコストを再計算し再利用が可能。今まではAbsent状態から60分後にホストが復旧した場合、そのホスト上のディスクグループを削除、再作成する必要があったが6.6からはそれが必要なくなる。

また、大きいコンポネントは物理ディスクの利用容量が80%を超えると自動的に分割される。

● 再同期スロットリング
データのresync時のネットワーク帯域幅を制御できる。

● HTML5 Clientからの管理
HTML5 ClientからvSANvSANコントロールプレーンにアクセスが可能となったため、HTML5 ClientからvSANの管理ができる。ということはvCenterが落ちてもvSAN関連の操作ができるということ。

● Pre-check機能追加
メンテナンスモードへの切り替えや、ディスクの削除などの操作によるデータ同期量または影響を受けるデータ量が確認できる。

● Online Health
オンラインでvSANのヘルス情報がVMwareに転送できる。(CEIP有効時)

● vSAN Easy Install
最初のvSANホスト上にVCSAを自動的にインストールできるため、導入時のローカルデータストアを作る必要がない。※VCSAのみ

●vSAN Config Assist 
vSAN Config Assistによるハードウェアのファームウェア/ドライバをダウンロードしアップデート可能。

他の詳細はここここここをご確認ください。

 

個人的には最初のホストにVCSAを自動的に設置してくれることが何よりうれしいっす。:)

 

[VMware] コンテンツライブラリからisoファイルの利用

コンテンツライブラリを利用している方はどれほどいるんでしょうか。

 

ご存知のとおり、コンテンツライブラリは、vSphere 6.0より追加された機能です。
複数のvCenterやクラスタ環境でも仮想マシンのテンプレート/仮想アプライアンスやisoファイルなどをまとめて管理ができるので、個人的には好きな機能の一つです。
が、6.0では一つ残念な点が…

 

それは、コンテンツライブラリにアップロードしといたisoファイルを仮想マシンに直接利用できないことです。

上の画面のように、vSphere 6.0の場合、仮想マシンの「編集」よりCD/DVDドライブを選択してもコンテンツライブラリオプションは表示されません。
せっかくisoファイルをコンテンツライブラリに集めたのに、これじゃ使えないですよね。もちろんコンテンツライブラリをデータストア上に作成した場合は、”データストアisoファイル”を選択し、辿って行けば使えなくもないんですが面倒くさいです。しかもコンテンツライブラリのフォルダはフォルダ名がUUIDになっているので複数のフォルダがある場合、どのフォルダにあるか探さないと行けません。これも面倒くさいです。というか使えません。

結局、vSphere 6.0のコンテンツライブラリにisoファイルをアップロードするのは、”使う”というより”管理する”ということかと結論つけましたが、遂にvSphere 6.5では改善されました!

ご覧のとおり、vSphere 6.5ではコンテンツライブラリのisoファイルを仮想マシンに直接マウントすることができます。

 

もうこれ以上”コンテンツライブラリ、良いんですけど一つ残念な点が…”って迷うこともなくなります。w

 

[VMware] vExpert 2017に選ばれました

今年も光栄なことに、VMware vExpert 2017に選ばれました。
2012年から6年連続の受賞となり嬉しい限りです。

 

vExpert 2017 Award Announcement

vmw-logo-vexpert-2017-k

 

 

 

 

 

vExpertの知名度も高くなりましたね。受賞者数ではマイクロソフト社のMVPの1/3程度ですが、”仮想化”や”クラウド”のキーワードがつくIT業界では多くの方に認知されるようになりました。名誉資格とはいえ、多くのパートナー企業より無償ライセンスやトレーニングコンテンツなどが提供されていますし、VMworldのような海外イベントへの参加支援などで評価する企業も増えているようです。

 

皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか?応募期間内に応募するだけです。自薦他薦問いません。イベントでの登壇や本の出版がなくても構いません。着実にブログやVMware Communityで活動するだけでも問題ありません。

vExpertプログラム担当者のslackにもこういうメッセージがありました。
”Help others make vExpert”と… :)

 

ちなみに今年前半は1477名が選ばれ、日本の方は50名ほどでした。