[VMware] vExpert 2020 応募開始

 

少し時間が経ちましたが、今年もVMware vExpertプログラムの2019年度が応募が始まりました。

vExpert 2020 Applications are Open!

期間は2020年1月10日までです。

 

毎回同じとなりますが、vExpertになると次のようなメリットがあります。

  • vExpert 専用 Slack channel
  • vExpert証明書(Pat CEO署名)
  • VMware Community内のvExpertプライベートフォーラム
  • ウェブサイト、ブログ、名刺などへのvExpertロゴ利用可能(1年間)
  • VMwareパートナー提供のノベルティグッズ(提供するパートナーに限る)
  • ホームラボ用NFRライセンス(約1年間利用可能)
  • プライベートウェビナー
  • プライベートベータテスト参加可能
  • 製品のアーリーアクセスプログラム参加可能
  • VMworldのvExpertパーティー参加とノベルティグッズの提供(VMworld参加者のみ)

 

VMUGとの連携やvExpert Proによるメンタープログラムなどで飛躍的にvExpertも増えましたね。認知度も上がったようです。とということはですよ… その分、審査もちゃんと1年間の活動を評価するということです。vExpertに選ばれたからと言って給料アップに直接つながることはあまりないと思いますが、1年間VMwareの製品やソリューションの業務や勉強を怠らずにやってきたことは証明される訳ですからご自分への価値が上がることは間違いありません。

ご興味のある方は是非応募してみてください。

応募はこちらから!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。