[VMware] VMware Cloud Foundationについて(6) – VCF on VxRAIL

 

(0) VMware Cloud Foundationの概要
(1) Management Domainのデプロイ
(2) SDDC Manager
(3) ホストの追加
(4) VI WLDの作成
(5) VCF on VxRAILの概要
(6)VCF on VxRAIL導入時の注意点

 

前回に続いて今回もVCF on VxRAILについて紹介したいと思います。今回はVCF on VxRAILならではの注意点についてです。(ある意味、今後改善すべきところになるかもしれません)

 

1つ目はvCenterとVxRAIL Managerの関係です。

まず、vCenterを外部化する必要があります。VxRAILは初期展開時、自動的にvCenterおよびPSCもデプロイされますがVxRAIL Managerとの関係上、Internal vCenterとして構成されます。この状態だとvCenterとVxRAIL Managerが1:1の関係となりVCFによる複数のvCenterの拡張リンクモードが構成できません。てかそもそもvCenterの外部化をしないとBringupによるVCF構成ができません。まあ、VCF有りきのVxRAILじゃないのでVCF専用VxRAILをリリースしない限りこの作業は必須です。

 

作業自体は非常に簡単です。VxRAIL Managerに接続しコマンドを実行するだけです。

# python vvd_vc_conversion.pyc

 

 

2つ目はvDSのポートバインドです。

VVDのガイドラインに基づき、VCFの管理用分散ポートグループのポートバインドタイプは”短期 – バインドなし”になります。これは、vCenterの障害によりリストアが必要な場合を備えた対策となります。しかしVCF on VxRAILではこれが ”短期 – バインドなし”ではなくデフォルトの”静的バインド”になっています。

 

なので、VCF on VxRAILでは分散ポートグループのポートバインドタイプを”短期 – バインドなし”に変更する必要があります。

 

少なくとも2つ目のManagement Networkのポートバインドは改善されるんじゃないかとと思いますね。 😉

 

今回はここまでです。次回はvRealizeシリーズについて紹介したいと思います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。