[VMware] VMware Cloud Foundationについて(5) – VCF on VxRAIL

 

(0) VMware Cloud Foundationの概要
(1) Management Domainのデプロイ
(2) SDDC Manager
(3) ホストの追加
(4) VI WLDの作成
(5) VCF on VxRAIL

 

前回まで軽くVCFについて触れました。
今回は、VCF on VxRAILについて紹介したいと思います。

 

最初にVxRAILについて簡単に紹介したいと思います。
VxRAILはDell EMCのPowerEdgeサーバをベースとしてHCIソリューションです。

 

 

 

VxRAILの前身は、ご存知のとおりEVO:RAILです。数年前VMwareが複数のサーバベンダーと満を持してリリースしたHCIソリューションでしたが、ちょいと早かったんでしょうか。あまり広まることなくフェードアウトしてしまいました。このEVO:RAILがDell EMCのPowerEdgeベースで復活したのがこのVxRAILです。なので基本的な概念は同じです。
”仮想化”、”コンピュート”そして”ストレージ”を一つの筐体に完全統合した構成済みのターンキーHCIソリューションとなります。

 

VxRAILの特徴はそのシンプルさにあるかと思います。

導入が非常に”簡単”です。PEQ(Pre-Engagement Questionnaire)というツール(excelファイルです)からデプロイに必要なパラメータを記載しjsonファイルを生成、インポートするだけで初期導入は完了です。1時間程度でESXi、vCenter、PSC、Log InsightそしてVxRAIL Managerがデプロイされ、vSANとvDSが構成されます。(各プロダクトをインストールする手間もありません。インストール失敗の心配もありません);)

 

スケールアウトも”簡単”にできます。追加するVxRAILノードに電源を入れ、VxRAIL Managerよりホストを追加するだけでリニアにスケールアウトできます。

 

モニタリングも”簡単”です。VxRAILの最新バージョンは4.7からはVxRAIL ManagerがvCenterに完全統合され、イベントやアラート、健全性などもシングルUIで確認できます。Log InsightもバンドルされているのでvSAN環境でのログ管理の負荷もグーンと下がります。

 

運用も”簡単”ですね。Dell EMCが提供するリモートサポートソリューションのSRS(Secure Remote Services) によるサポートも受けられ、vCenterから数クリックでパッチやアップデートが行なえたりDell EMCのKBやCommunityにも簡単にアクセスできます。

 

もちろんAvamarやData Domainといったデータプロテクション製品、Unity、Isilonといった外部ストレージとの相性も良いです。 😉

 

わざわざVCFとVCF on VxRAILを分けた理由は、大人の事情です。よりVCFの導入と運用を簡単にするためですね。;)

 

では具体的に何が違うのでしょうか。

VCF on VxRAILは一々ESXiを手動でインストールする必要がないので1台ずつESXiをインストールするVCFに比べ導入が早いです。

 

またVCF on VxRAILはvSANもvDSもクラスタも構成済みなのでCloud Builderを同じクラスタ上にデプロイできますが、VCFはvSANやvDSが構成されてない状態のため、Management DomainのBringupに必要なCloud Builderを別のクラスタ(またはESXiホスト)にデプロイする必要があります。

 

Management Domainデプロイ後も、VCF on VxRAILはESXiホストの委託(Commission)が不要です。VxRAILクラスタにノードを追加してSDDC ManagerからWLDにESXiホストを追加するだけです。

 

IPアドレスプールも要らないですね。VxRAILは初期セットアップ(first run)時にvSANおよびvMotionのIPアドレスを設定するのでSDDC Manager側でのIPアドレスの管理は不要です。

 

ライフサイクルでもVCF on VxRAILの方が便利ですね。VxRAIL Managerのライフサイクル機能がSDDC Managerに統合されているのでハードウェアソフトウェアまでSDDC Managerから一括管理ができます。VCFだとハードウェア関連のパッチ適用は個々のESXiホストまたはSDDC Manager以外の方法で実施する必要があります。(vRealizeシリーズは両方ともにvRSLCMからです)

 

簡単ですがVxRAILとVCF/VCF on VxRAILの違いについて紹介しました。VCF on VxRAILについてもっと詳しく知りたい方はVMware社のブログをご確認くださいな。

VMware Cloud Foundation on Dell EMC VxRail Blog Series

 

次回ももう少しVCF on VxRAILについて触れてみたいと思います。 😉

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。