[VMware] vSphere 5.5のサポート終了について

 

おそらくまだまだ本番環境で現役として運用中であろうvSphere 5.5のサポート期間が今年(2018年) 9月19日で終了します。

vSphere 5.5 and vSAN 5.5 End of General Support Reminder

正式には”ジェネラルサポートの終了-End of General Support (EOGS) “になりまして、その後2年間の”テクニカル ガイダンス-Technical Guidance”期間に入るため、まあ~最悪2020年9月19日までは引き続き利用可能とも言えます。ただし”ジェネラルサポート”で提供するメンテナンス アップデートやアップグレード、不具合とセキュリティの修正がなくなるため、EOGS以降発生するバグや脆弱性に対する対応が難しくなります。

 

もちろんEOGSの前にvSphere 6.xにバージョンアップすることがベストですが、予算なども含め検討が必要かと思います。

 

Lifecycle MatrixによるとvSphere(ESXiとvCenter) 5.5に合わせ、以下のプロダクトも同じく2018年9月18日でEOGSを迎える予定となってます。

  • Cisco Nexus 1000V
  • Integrated OpenStack 3.1
  • Site Recovery Manager 5.5、 5.8
  • vCenter Server Heartbeat 6.6
  • vCenter Update Manager 5.5
  • vRealize Automation 6.2.5 Advanced/Enterprise Edition
  • vSAN 5.5 🙂

  • vSphere Data Protection 5.5、 5.8
  • vSphere Storage Appliance 5.5

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。