[VMware] vSAN 6.6 環境でovfテンプレートのデプロイが失敗する

 

先日同僚から共有してもらった内容です。

vSAN 6.6の環境においてovfテンプレートをデプロイしようとすると失敗する場合があります。

The operation is not allowed in the current state

 

■ 原因

vSAN 6.6の既知のバグのようです。リリースノートを確認すると既知の問題として挙げられています。

vSAN クラスタに OVF テンプレートをデプロイする場合、vSAN クラスタ上で DRS が無効になっていると操作は失敗します。次のようなメッセージが表示されます:The operation is not allowed in the current state。

 

この問題は6.6.1でも解消されておらず、リリースノートにも載っています。

 

■ 解決方法

リリースノートではDRSを有効にしろって書いてあります。恐らくovfデプロイ時DRSの推奨値を適用しようとする動きをしているためかと思われますが問題はDRSはEnterprise Plusエディションでの機能のため、Standard以下のエディションの場合はそもそもこのワークアラウンドは使えないことです。

 

もちろん初期構築時は評価ライセンスのため問題ありませんが、一旦正規ライセンスを適用してからだとややこしくなります。 :) その場合はESXi Host Clientからデプロイすることで回避できますのでご参照ください。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。