[VMware] vRealize Automationの導入 (15)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成
(15)vROエンドポイントの作成

 

前回までで基本的なvRAの導入と設定について紹介しました。前回までの設定でも一応ユーザへのインフラサービスは提供できます。しかし提供できる内容は限定的と言えます。正直いうとvRAの50%も活用していません。vRO(vRealize Orchestrator)を利用しなければ…です。

ご存知の通り、vROは各プロセスや処理をワークフローで自動化するツールです。VMware社のプロダクトはもちろん3rdパーティーソリューションのプラグインをインストールすることでvROから簡単に該当プロダクトを制御できます。

vRA環境では、vRAがインフラサービスを、vROはその他のITサービスを提供することでブループリントでプロビジョニングした仮想マシンのDNSレコードを作成したり、Active Directoryのユーザやグループを作成するワークフローを作成し、カタログアイテムとして提供できます。

エンドポイントで利用するvROは、vRAに含まれている組み込みのものを利用することも可能ですし、仮想アプライアンスをインストールすることも可能です。またグローバル構成としてvRA全体で利用することも、テナント構成としてテナント単位で利用することも可能です。

 

ここではvRAの組み込みインスタンスをグローバルではなくテナントで構成する方法を紹介したいと思います。

 

(15)vROエンドポイントの作成

 

① [管理]タブから[vRO構成]を選択します。

 

②  [サーバ構成]から[システム管理者によって構成されたデフォルトのOrchestratorサーバを使用してください]を選択[接続をテスト]をクリックします。

 

③ 接続テストの結果が正常であることを確認後、[OK]をクリックします。

 

④ ウェブブラウザから以下のURLアクセスします。

https://vRAアプライアンスのFQDN(またはIPアドレス)

 

ページから[vRealize Orchestrator Client]をクリックします。

 

⑤ JavaアプリケーションのvROクライアントが起動するので以下の情報を入力し、[Login]をクリックします。

  • Hostname :  vRAアプライアンスのFQDN(またはIPアドレス):443
  • User name : vRAアプライアンスのadministrator@vsphere.local ※vCenterではありません
  • Password : vRAアプライアンスのadministratorパスワード

 

⑥ 左メニューから[Workflows]を選択、ライブラリ[vCenter] → [Configuration]順に展開して [Add a vCenter Server instance]選択します。画面中央の[Check Signature]をクリックして署名に問題がないことを確認します。この手順はvROからvCenterに接続するためです。

 

⑦ 署名に問題がなければ、画面中央上段の[Start Workflow]をクリックします。

 

⑧ vCenterに接続するため、ウィザードが表示されるので以下の情報を入力し[Next]をクリックします。

  • vCenter : vROに追加するvCenterのホスト名またはIPアドレス
  • HTTPS ポート番号 : 443
  • SDK パス : /sdk
  • vROによる自動化利用有無 : yes
  • インスタンス追加時の証明書エラー無視 : yes

 

⑨ 次の情報をお入力後、[Next]をクリックします。

  • vCenterへのマルチセッション利用 : No
  • vCenter管理者アカウント
  • vCenter管理者パスワード

※何故かvCenterへのマルチセッション利用を”Yes”にすると、vCenterインスタンスは追加されるが以下のエラーで追加したvCenterのインベントリが参照できません。

unusable:java.lang.ClassCastException: com.vmware.vcac.authentication.http.spring.oauth2.OAuthToken cannot be cast to com.vmware.vim.sso.client.SamlToken

 

調べたところ、マルチセッションを利用する場合は、vIDMによる認証じゃないとうまく行かないようでした…

 

⑩ 追加エンドポイント設定は自動的に入力されるので、そのまま[Submit]をクリックします。

 

⑪ vCenter Server追加のワークフローが実行されます。終了ポイントが’緑’で終了されたことと、[General]のワークフロー実行結果が’completed’になっていることを確認します。

 

⑫ 左メニューの上段から[Inventory]を選択、追加したvCenterのインベントリ情報が参照できることを確認します。

 

⑬ 再度vRAのテナントにログインします。今度はvROをエンドポイントとして登録します。[インフラストラクチャ]タブを選択、[エンドポイント]をクリックします。

 

⑭ [エンドポイント]を選択し[新規] → [オーケストレーション – vRealize Orchestrator]をクリックします。

 

⑮ 以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。

  • 名前: vRO
  • Address : https://vRAアプライアンスのFQDN(またはIPアドレス)/vco
  • User name : vROログインアカウント(administrator@vsphere.localでも構いません)
  • パスワード
  • Priority : 1

※Priorityですが、追加するvROを優先的に利用するといういことです。vRA 7.2までは”VMware.VcenterOrchestrator.Priority”カスタムプロパティを定義する必要がありました。 🙂

 

 

⑯ 作成したvROを選択、[Data Collection]をクリックします。

 

⑰ [Start]をクリックし、正常にvROのワークフローやインベントリの収集が行われるか確認します。データコレクションが成功したらvRAからvROのワークフローが利用できるようになります。[Cancel]をクリックし、データコレクションを終了します。

 

これでvROエンドポイント作成手順は終わりです。

 

 

広告