[VMware] vRealize Automationの導入 (14)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成
(12)ブループリントのリクエスト
(13)承認ポリシーの作成
(14)カスタムプロパティの作成

 

今回は”カスタムプロパティ”について紹介します。

カスタムプロパティとはサービスや仮想マシンをプロビジョニングする際に指定てきるパラメータのことです。なので管理者が任意で定義が可能で、その定義に対してユーザが入力したりシステム側で別の値で上書きしたりすることができます。

このカスタムプロパティを利用するためには、まず”プロパティディクショナリ”から”プロパティ”を定義します。定義したプロパティを個別にブループリントやビジネスグループなどのソース(レベル)に指定することもグループ化することも可能です。

 

ブループリントに指定されたプロパティは、既存設定を上書きできます。例えばブループリントでは、プロビジョニングする仮想マシン名をマシンプリフィックスから自動的に割り当てれるように設定されたとしても、ユーザに仮想マシン名を入力するようなプロパティで上書きすることができます。

 

カスタムプロパティは複数ソース(レベル)で指定が可能で、もし複数のレベルに渡り同じカスタムプロパティが指定されている場合は、下図のような順番で適用されます。

 

(14)カスタムプロパティの作成

※ここでは、ユーザに”ホスト名”を入力させ、ネットワークもプルダウンメニューから選ばせるようにカスタムプロパティとWeb Clientにビジネスグループ単位のフォルダを作成、仮想マシンを配置するカスタムプロパティを定義してみます。

 

① テナント管理者としてポータルにログインし、[管理] → [プロパティディクショナリ]をクリックします。

 

② [プロパティ定義]を選択し、[新規]をクリックします。

 

③ まず”ホスト名”のカスタムプロパティを作成しましょう。定義するプロパティはVMware社で公開ししているカスタムプロパティのレファレンスを利用します。(英語版は2017年12月に更新されています)

  • 名前 : Hostname ※ここはカスタムプロパティ名を正確に指定します。
  • ラベル : ユーザに表示されるラベル名
  • データタイプ : 文字列
  • 必須 : はい
  • 選択方法 : テキストボックス

上記の項目の他にはオプションで、定義するカスタムプロパティをすべてのテナントで共有するのか、ブループリントでの表示順序は何番目にするのかなども決められます。一先ず必須項目を指定したら[OK]をクリックします。

 

④ 今度はネットワークを選択できるカスタムプロパティを作成しましょう。もう一度[新規]をクリックします。

 

⑤ 今回の必要項目のみ指定します。

  • 名前 : VirtualMachine.Network0.Name ※ここはカスタムプロパティ名を正確に指定します。
  • ラベル : ユーザに表示されるラベル名
  • データタイプ : 文字列
  • 必須 : はい
  • 選択方法 : ドロップダウン
  • 値 : 事前定義
    • 名前 : ドロップダウンに表示するネットワーク名
    • 値 : 仮想マシンの割り当てるポートグループ名  ※Web ClientのNetworkからコピーしてくださいね。

[OK]をクリックし、カスタムプロパティを作成します。

 

⑥ 作成した2つのカスタムプロパティをグループ化してみます。[プロパティグループ]を選択し、[新規]をクリックします。

 

⑦ 以下の情報を設定し、[OK]をクリックします。

  • 名前 : プロパティグループ名
  • ID : 自動的に入力されます。
  • プロパティ : 作成したカスタムプロパティを追加します。また[申請に表示]にチェックを入れ、ユーザがブループリントをリクエストする際にカスタムプロパティが表示されるようにします。

 

⑧ プロパティグループが作成されました。

 

⑨ それではブループリントに作成したプロパティグループを指定します。[設計] → [ブループリント]からプロパティグループを指定するブループリントの[編集]をクリックします。

 

⑩ まず、既存のネットワークオブジェクトを削除しましょう。削除する理由はカスタムプロパティにて仮想マシンがプロビジョニングされる時に割り当てられるためです。

 

⑪ 続いて仮想マシンのオブジェクトを選択し、[プロパティ] → [プロパティグループ]から[追加]をクリックします。

 

⑫ 手順⑦で作成したプロパティグループを選択します。

 

⑬ プロパティグループ追加後、[マージされたプロパティ]をクリックすると指定されたカスタムプロパティの内容が確認できます。

 

⑭ [完了]をクリックし、ブループリントの編集を終了します。

 

⑮ 動きを確認しましょう。プロパティグループを指定したブループリントから仮想マシンをリクエストしてみます。ちゃんと”マシン名”と”利用ネットワーク”が選べられるようになっています。

 

⑯ プロビジョニングされた仮想マシンを確認してもちゃんとユーザが入力したホスト名と選択したネットワークが割り当てられていることが分かります。

 

⑰ では、今度は仮想マシンの配置フォルダを決めるカスタムプロパティを設定します。ここではビジネスグループ毎にフォルダを作成し、その配下に仮想マシンを配置するようにします。[管理] → [ユーザおよびグループ]を選択します。

 

※基本的にvSphere エンドポイントにプロビジョニングされる仮想マシンはすべてWeb Clientの”VRM”というフォルダ配下に配置されます。これだとテナントやビジネスグループが複数ある場合、管理しづらくなります。なので配置フォルダを決めるカスタムプロパティを設定し、フォルダ分けした方が管理しやすいと思います。

 

⑱ [ビジネスグループ]を選択し、カスタムプロパティを設定するビジネスグループの[編集]をクリックします。

 

⑲ [全般]タブのカスタムプロパティから以下の情報を入力し、[OK]をクリックします。

  • 名前 : VMware.VirtualCenter.Folder
  • 値 : 配置するフォルダ名 例)VRM/Kiiro <-仮想マシンはKiiroというフォルダに配置されます。

 

⑳ [完了]をクリックし、ビジネスグループの編集を終了します。これでDevGrp-01というビジネスグループユーザのリクエストでプロビジョニングされる仮想マシンはKiiroというフォルダの配下に配置されます。

 

㉑ 仮想マシンをプロビジョニングすると”VRM\Kiiro”フォルダ配下に仮想マシンが配置されることが確認できます。

 

ここまでがカスタムプロパティを作成し、指定する手順は終わりです。vRAで利用可能なカスタムプロパティは機能別、アルファベット別にグループ化されています。このカスタムプロパティを利用すると、より柔軟なブループリントを作成できると思います。

 

次回はvRO(vRealize Orchestrator)のエンドポイント作成について紹介したいと思います。

 

広告