[VMware] vRealize Automationの導入 (11)

 

(0) vRAの概要
(1) vRAのコンポーネント
(2) vRAのインストール
(3) テナント作成
(4) Active Directoryの追加
(5) エンドポイントの作成
(6) ファブリックグループの作成
(7) マシンプリフィックス/ネットワークプロファイルの作成
(8) ビジネスグループの作成
(9) 予約/予約ポリシーの作成
(10)ブループリント作成
(11)サービスカタログの作成

 

前回でブループリントまで作成しました。今回は4つの用語さえ抑えておけば問題ありません。:)

  • アイテム
  • サービスカタログ
  • エンタイトルメント
  • アクション

ブループリントの意味は”青写真”とか”図面”ですよね。この青写真を公開したのが”アイテム“です。このアイテムはサービス、例えばIaaSやXaaSなどにグループ化(カテゴリ化)できますが、このグループ化が”サービスカタログ=カタログ“です。

サービスカタログでアイテムをグループ化したら”誰=資格“に”どういう操作=アクション“をさせるかを決定することで、ユーザがセルフサービスポータルにログインすると下の図のように自分が利用できるサービスが表示されるわけです。

 

(11)サービスカタログの作成

 

① [管理] → [カタログ管理]をクリックします。

 

② [サービス]を選択、[新規]をクリックします。

 

③ 以下の必要な情報を入力し、[OK]をクリックします。

  • 名前 : サービスカタログ名(ユーザに表示されます)
  • 説明 : サービスカタログの説明(ユーザに表示されます)
  • アイコン : できれば格好良いやつにしましょう。:)
  • ステータス : 有効
  • 所有者 : サービスカタログを管理する管理者

他の項目は必要に応じて… 🙂

 

④ 作成されたサービスカタログにアイテムを追加します。サービスカタログを選択し、[カタログアイテムの管理]をクリックします。

 

⑤ カタログアイテムを追加しましょう。

 

⑥ サービスカタログに追加するアイテムを選択し、[OK]をクリックします。

※前回作成したブループリントを”公開”すると自動的に”アイテム”になり、一覧に表示されます。

 

⑦ 今度はアイテムのアイコンを変更してみます。(必須じゃありません) [カタログアイテム]を選択、追加されたアイテムの[構成]をクリックします。

 

⑧ アイテムのアイコンを指定して[OK]をクリックします。

 

⑨ 今度は誰に使わせるを指定しましょう。[資格]を選択し、[新規]をクリックします。

 

⑩ [全般]タブから以下の必要情報を入力し、[次へ]をクリックします。

  • 名前 : 作成する資格名
  • ステータス : 有効
  • ビジネスグループ : この資格を利用するビジネスグループ
  • ユーザおよびグループ : ビジネスグループユーザまたはグループ

 

⑪ [アイテムおよび承認]タブを選択し、まずはこの資格に対して提供するカタログサービスを”使用可能なサービス”から追加します。

 

⑫ 次はこの資格に対して提供するアイテムを”使用可能なアイテム”から追加します。

 

⑬ 最後にこの資格に対して提供するアクションを”使用可能なアクション”から追加します。アクションは提供タイプによって選択できる内容が異なります。このシリーズでは、全アクションを追加しました。 🙂

 

⑭ “サービス”、”アイテム”、”アクション”をそれぞれ追加したら[完了]をクリックします。これでサービスカタログの作成は終わりです。

 

⑮ 作成したサービスカタログを見てみましょう。手順⑩で追加したユーザでログインし[カタログ]タブを選択すると提供されているサービスが確認できます。

※Tenant管理者やサポートロールを持っているユーザであれば、画面右上の”次の代理”からユーザを検索、そのユーザに提供されているサービスとアイテムが確認でき、代理でリクエストもできます。

 

ここまでがサービスカタログと資格作成の手順でした。次は実際にサービスカタログから仮想マシンをリクエストしてみます。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。