[Nutanix] Self Service Portalで簡単にプライベートIaaS基盤を作ろう

※このブログは、Nutanix Advent Calendar 2017 に参加しています。

 

若干古いかもですが… 1年前の2016年12月、AOS 5.0がリリースされました。個人的にAOS 5.0で期待をしていたのはAcropolis Block Services(ABS)とSelf-Service Portal(SSP)でした。

Self-Service Portalはその名の通り”セルフサービスポータル”です。ユーザが自分のポータルページより仮想マシンを作成、管理し削除できます。(去年からどっぷりハマっているVMware社のとあるプロダクトとかぶりますねー) 🙂

 

このSSPは非常に”シンプル“です。構成も”シンプル“でユーザが利用するのも”シンプル“で利用できる機能も”シンプル“です。 🙂 Standard Edition以上であれば利用可能でSSPを利用すると簡単にプライベートIaaS基盤が作れます。もちろんCEでも利用できます。:)

 

簡単にSSPを構成する手順について紹介しましょう。

 

■ SSPの構成

まず、SSPを構成するためには2つの要件を満たす必要があります。1つはCVMのメモリが24GB以上であること、もう1つは認証基盤としてActive Directoryを認証基盤として統合していることです。SSPを構成する前にこの2つをクリアしておきましょう。

 

① Prismに管理者として接続し、メインメニューよyり[Self Service]をクリックします。

 

② 新たにブラウザが起動しSSPページが表示されます。少し分かりづらいかもしれませんが、PRISMのロゴの横に”SSP”があればSSPページです。 🙂 PRISMと同じ管理者で接続します。

 

③ 最初の接続時にSSPの構成を行います。要件の一つであるADとの統合が必須です。SSPを提供するユーザのADドメインを選択、ドメインを検索可能なドメイン管理者アカウントを指定します。

 

④ 今度はSSPを管理する管理者アカウントを指定し、[Save]をクリックします。

 

⑤ これで初期構成は終わりです。:)

 

⑥ vRealize AutomationやOpenStackの環境をご存知の方は拍子抜けするほと”簡単“な構成です。見てみましょう。

  • VMs : 仮想マシンの情報が確認できます。ここではCVM以外のクラスタ内の仮想マシンの確認することができます。
  • Projects : 所謂テナントです。ふむ。テナントかvRAのビジネスグループレベルかもしれません。
  • Roles : ユーザに割り当てられる権限です。仮想マシンを作成、削除を始め、コンソール接続や編集、仮想マシンの停止/開始権限を割り当てることができます。
  • Users : SSPを利用できるユーザです。残念ながらグループ指定はできません。
  • Catalog Items : 仮想マシンのテンプレート(vRAだと、ブループリント)になります。このCatalog Itemsに登録された仮想マシンをテンプレートとして利用し仮想マシンを作成します。
  • Images : 仮想マシンで利用可能なイメージファイルを指定します。

 

⑦ それでは、ユーザに提供できるよう構成してみましょう。デフォルトとして”DevOps”ロールが作成されているため、新たに作る必要はありませんが、練習がてらロールを作成してみます。[Roles]を選択し、[Create Role]をクリックします。

 

⑧ 新しいロール名ろ割り当てる権限を有効にして[Save]をクリックすると終わりです。

 

⑨ 今度はプロジェクトを作成してみましょう。[Projects]を選択、[Create Project]をクリックします。

 

⑩ プロジェクト名、ユーザ、ロールを指定します。

 

⑪ 利用可能なネットワークも指定して、もしプロジェクトに制限をかけたい場合はここでクオーター設定することもできます。

 

⑫ プロジェクトが作成されたことを確認します。

 

⑬ 今度はテンプレートです。これもめちゃくちゃ”簡単“です。[VMs]を選択、テンプレートとして使用したい仮想マシンを指定し[Add a Catalog]をクリックするだけです。

 

⑭ カタログ名を指定し、[Save]…!

 

⑮ [Catalog Items]より、仮想マシンが追加されたことが確認できます。

これでSSPの構成はおわりです。

 

■ SSPの利用

SSPの構成が終わったら、実際にユーザが利用する手順についても簡単に紹介します。

 

⑯  手順 ⑩のプロジェクト作成時、指定したユーザでSSPページにアクセスします。

 

寂しいシンプルなページが表示されます。:) [Create VM]をクリックします。

 

⑱ 仮想マシン作成ウィザードが表示されます。作成方法は’VM Template’や’Disk Images’が利用できます。今回は’VM Template’を選択しました。

 

⑲ テンプレートとして利用するカタログを選択し、[Next]をクリックします。

 

⑳ 仮想マシン名やプロジェクトを含め、仮想マシンのスペックも変更できます。

 

㉑ 仮想マシンはシャドウクローン機能で瞬時に作成されます。

 

㉒ 作成した仮想マシンの[Actions]より[Launch console]をクリックし、コンソールを起動します。

 

㉓ 正常に仮想マシンが作成され、起動中であることが確認できます。

 

㉔ SSP管理ページは、ユーザが作成した仮想マシンのプロジェクトやオーナーが確認できます。

 

どうでしょうか?必要最低限な機能をシンプルにユーザに提供することがこのSSPの最大の魅力かもしれません。本当に”シンプル“ですよね?構成も”シンプル“、利用も”シンプル“です。まあ~ 利用できる機能も”シンプル“なために、今のところ利用シーンとしては標準テンプレートのみ利用する小規模部門に限られると思いますが、AOS 5.5でCalmがこのSSPより利用できるようなので一気にエンタプライズレベルでプライベート環境からパブリッククラウド環境までカバーできるようになることを楽しみにしています。 🙂

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。