[VMware] vRealize Suite Lifecycle Manager(vRSLCM) 導入(2)

今度は前回インストールしたvRSLCM上に既存環境のvRealizeプロダクトをインポートしてみます。今回の検証環境は今のところ、vRAしかありませんので一先ずvRAだけインポートすることにします。

 

結論から言うと意外と簡単にインポートできました。今回は”インストールウィザード”によるインポートでしたが予め”構成ファイル”を作成しておくとより簡単にできそうです。

 

① “Home”メニューより、”Create Environment”をクリックします。

 

② インストールタイプは”インストールウィザード”を選択しました。

 

③ まず作成する環境を構成します。

  • Data Center : 前回作成したデータセンターを選択
  • Environment Type : ‘Development’、’Test’、’Staging’、’Production’ から適当なタイプを選択
  • Environment Name :  作成する環境名を入力
  • Administrator Email : 環境管理者メールアドレスを入力
  • Default Password : 作成またはインポートするプロダクトのデフォルトパスワード

 

④ EULAに同意後、プロダクトを選択します。今回は既存環境のvRAのみのインポートなのでvRealize Automationをチェック、”Import”を選択し”Create Environment”をクリックします。

 

⑤ インストールウィザードが開始されます。まずはEULAに同意後”NEXT”をクリックします。

 

⑥ vRAのライセンスを選択します。

 

⑦ インポートされるインフラの情報を入力します。

 

⑧ ネットワーク情報も入力しましょう。

 

⑨ 証明書も構成して…

 

⑩ 最後にインポートするvRAの情報を入力します。

 

⑪ 入力情報の有効を確認するため”PRE-VALIDATE CONFIGURATION”をクリックします。結果が’成功’なら”SUBMIT”をクリックします。

 

⑫ vRAのインポートはフェーズ単位で状況が確認できます。

 

⑬ インポートが完了すると”Manage Environment”に作成した環境のタイルメニューが表示されます。”VIEW DETAILS”をクリックしてみました。

 

⑭ インポートしたvRAのバージョン情報はもちろん、IPアドレスやコンポーネントの情報まで確認できました。

 

⑮ タイルメニューに戻り、上段のメニューを見てみるとコンポーネントの追加やコンパチビリティの確認、アップグレードなどがここでできることが分かります。

 

ここまでが既存vRealizeプロダクトのインポートについてでした。

 

前回、’管理のためにこのvRSLCMを導入するのはなんか違う…’って文句を言いましたが、環境を作成してみるとこのvRSLCMのメリットが実感できました。一つのUIでvRealizeプロダクトのコンポーネント追加、スナップショット作成、バージョンコンパチビリティの確認、アップグレードができるのは素晴らしいことです。個人的にはこの部分だけでvRSLCMを導入する価値は十分あると思います。:)

 

 

広告

[VMware] vRealize Suite Lifecycle Manager(vRSLCM) 導入(2)” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com ホスティング. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。