[Nutanix] IPMI情報の変更

それほど利用するシーンは多くないとは思いますが、備忘録として…

 

先日、vSphereをハイパーバイザーとして使用するNutanix、正確にはDell EMCのXCシリーズを導入したお客様から連絡がありました。XCのiDRACのIPアドレスを変更したら、次のようなアラートメールを受信したとのことでした。

IPMI IP address on Controller VM xxx.xxx.xxx.xxx was updated from xxx.xxx.xxx.xxx to xxx.xxx.xxx.xxx without following the Nutanix IP Reconfiguration procedure.

 

Impact          : The host is unreachable through the IPMI interface.

Cause           : The IP address configured in the cluster does not match the actual setting of the IPMI interface.

Resolution      : Follow the IP address change procedure in the Nutanix documentation.

 

Node Id         : NA

Block Id        : 11111112

Cluster Id      : 122345678884

Cluster Name    : cluster.clustername

Cluster Version : nutanix-core-el6-release-danube-4.5.2-stable-aa23456788823456788859ce1234567888ea2237e8f3

Cluster Ips     : aaa.aaa.aaa.aaa bbb.bbb.bbb ccc.ccc.ccc

Timestamp       : Mon Sep 10 02:51:56 2017

 

確認をしたところ、IPアドレスの変更はiDRACのUIより直接行ったとのこと。

 

iDRACからIPアドレスを変更した場合、その変更内容はCVM側で認識しません。そのため、iDRACのIPアドレスを変更する場合は、ホスト側で実施する必要があります。

変更はLinux共通コマンドでもあるipmitoolを使います。

 

 

まず、以下のコマンドで現在の設定情報を確認しましょう。

[root@esx-3:~]  /ipmitool lan print 1

Set in Progress         : Set Complete

Auth Type Support       : MD5

Auth Type Enable        : Callback : MD5

                        : User     : MD5

                        : Operator : MD5

                        : Admin    : MD5

                        : OEM      :

IP Address Source       : Static Address

IP Address              : 10.3.12.213

Subnet Mask             : 255.255.255.0

MAC Address             : 74:e6:e2:fc:9d:3a

SNMP Community String   : public

IP Header               : TTL=0x40 Flags=0x40 Precedence=0x00 TOS=0x10

BMC ARP Control         : ARP Responses Enabled, Gratuitous ARP Disabled

Gratituous ARP Intrvl   : 2.0 seconds

Default Gateway IP      : 10.3.12.254

Default Gateway MAC     : 00:00:00:00:00:00

Backup Gateway IP       : 0.0.0.0

Backup Gateway MAC      : 00:00:00:00:00:00

802.1q VLAN ID          : Disabled

802.1q VLAN Priority    : 0

RMCP+ Cipher Suites     : 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14

Cipher Suite Priv Max   : Xaaaaaaaaaaaaaa

                        :     X=Cipher Suite Unused

                        :     c=CALLBACK

                        :     u=USER

                        :     o=OPERATOR

                        :     a=ADMIN

                        :     O=OEM

 

上記のコマンドを実行することで、現在のiDRACのネットワーク情報が確認できます。

 

次は、下記のコマンドで設定ができる状態に切り替えます。

 

[root@esx-3:~] /ipmitool lan set 1 ipsrc static

 

次は、新しいネットワーク情報を設定します。

[root@esx-3:~] /ipmitool lan set 1 ipaddress 10.3.12.3

Setting LAN IP Address to 10.3.12.3

[root@esx-3:~] /ipmitool lan set 1 netmask 255.255.255.0

Setting LAN Subnet Mask to 255.255.255.0

[root@esx-3:~] /ipmitool lan set 1 defgw ipaddr 10.3.12.254

Setting LAN Default Gateway IP to 10.3.12.254

 

終わりましたら、再度設定した内容を確認しましょう。

[root@esx-3:~]  /ipmitool lan print 1

Set in Progress         : Set Complete

Auth Type Support       : MD5

Auth Type Enable        : Callback : MD5

                        : User     : MD5

                        : Operator : MD5

                        : Admin    : MD5

                        : OEM      :

IP Address Source       : Static Address

IP Address              : 10.3.12.3

Subnet Mask             : 255.255.255.0

MAC Address             : 74:e6:e2:fc:9d:3a

SNMP Community String   : public

IP Header               : TTL=0x40 Flags=0x40 Precedence=0x00 TOS=0x10

BMC ARP Control         : ARP Responses Enabled, Gratuitous ARP Disabled

Gratituous ARP Intrvl   : 2.0 seconds

Default Gateway IP      : 10.3.12.254

Default Gateway MAC     : 00:00:00:00:00:00

Backup Gateway IP       : 0.0.0.0

Backup Gateway MAC      : 00:00:00:00:00:00

802.1q VLAN ID          : Disabled

802.1q VLAN Priority    : 0

RMCP+ Cipher Suites     : 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14

Cipher Suite Priv Max   : Xaaaaaaaaaaaaaa

                        :     X=Cipher Suite Unused

                        :     c=CALLBACK

                        :     u=USER

                        :     o=OPERATOR

                        :     a=ADMIN

                        :     O=OEM

[root@esx-3:~]

 

これで終わりです。上記の手順を各ホスト毎に実行するだけです。変更した内容は自動的にiDRACに反映されるのでiDRAC側で何か設定を変更することはありません。

 

 

 

 

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。