[VMware] VCSA vSAN 6.6 easy install

※同僚から質問された内容を基に確認した内容です。

 

オフィシャルにvsanDatastore上へのvCenterインストールはサポートされています。(推奨はvCenterのような管理系仮想マシンはコンピュートクラスタとは別のクラスタ上で稼働させることです)

 

しかし実際にvsanDatastore上にvCenterを構成するのはやや面倒です。vSANを構成するためにはvCenterが必要ですが、vSAN用サーバだと大体インターナルSDカードにESXiをインストールしているはずなので、ローカルデータストアがありません。よってvCenterがインストールできません。要するに”鶏が先か卵が先か”です。そのため1台のESXiのディスクの一部をローカルデータストアとして構成、vCenterをインストールします。vCenterがあればvSANを構成できるのでvSANを構成したあとにvCenterをローカルデータストアからvsanDatastoreにStorage vMotion。vCenterがvsanDatastoreに移ったらローカルデータストアを削除、そのディスクをディスクグループに追加…みたいな方法を使う必要あります。もちろん最初からローカルデータストア用ディスクを用意しておく…というのもありかもですね。:)

 

ただしこういう面倒な方法もvSAN 6.5までです。vSAN 6.6からは面倒な方法を使わなくても簡単にvCenterをインストールすることができます。その名も”Easy Install”!

 

Easy InstallはVCSA 6.5d以降のバージョンで利用できます。VCSAデプロイ時、最初のESXiに一時的なvsanDatastoreを構成し、VCSAをインストールします。上の図のようにデプロイするデータストアを選択する際に”新しいvSANクラスタに含まれるESXiホストにインストール”オプションを選択するだけです。

 

”新しいvSANクラスタに含まれるESXiホストにインストール”オプションを選んだ後はディスクグループとして使用するディスクを指定します。あとは普通のVCSAインストールと同じです。

 

インストール後、動作を確認している中で下の図のようなことを発見しました。

ご覧のとおり、”使用済み-予約超過仮想マシン”のサイズが446GBにもなっていました。”使用済み-予約超過仮想マシン”はストレージポリシーの”オブジェクトスペースの予約”によって予約された容量になります。vSAN構成時、作成されるVirtual SAN Default Storage Policyの”オブジェクトスペースの予約”は0%、即ち”予約はしない”なので予約サイズが446GBにもなってしまったということはストレージポリシーが適用されていないことになります。

 

デプロイしたVCSAを確認しましたところ、ストレージポリシーは適用されてない状態でした。もちろんeasy installでVCSAをインストール後、2台のESXiを追加して必要ノード数を満たしたあとです。

てか… 当たり前のことですよね。そもそも1台で一時的にvSANを構成しているのでVirtual SAN Default Storage Policyの条件をみたしてないし、条件を満たしたとしてもあとから自動的にストレージポリシーが適用されませんので。:)

 

とりあえず、ストレージポリシーを適用しました。結果…

 

”使用済み-予約超過仮想マシン”のサイズは20GBまで減りました。

 

Easy InstallでVCSAをインストールした場合は、vSAN構成後忘れずにVCSAにもストレージポリシーを適用してくださいなー。

 

 

 

 

 

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。