[Nutanix] vRealize Automationのエンドポイントとして使ってみよう

このポストは、 Nutanix Advent Calendar 2016に参加しています。

 

先に言っておきます。とにかくやってみました。

何をやってみたかというと… vRealize AutomationのエンドポイントとしてNutanixを追加してみました。(しかもNested CE) なんだか余計なことをしたような気がしてなりませんが…

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、vRealize Automationは主にプライベートクラウドを構築できるソリューションで、仮想インフラのITサービスを自動化してくれるプロダクトです。
仮想インフラだけではなくクラウドや物理サーバに至るまでマシンのデプロイからvRealize Orchestratorを利用したワークフローまで、インフラ管理者が担っていたルーチンワークをユーザ自身に任せて、管理者が楽になれる ITサービスの質を上げることができます。まあ、要は企業のインフラ環境をより迅速かつ効率的な利用が可能になるということです。

 

このvRAはコンピュートリソースを”エンドポイント”として登録し、利用しますが、vCloud Directorとは違いVMwareソリューションだけではなくHyper-VやKVMといったマルチハイパーバイザーはもちろんAWSやAzureなどのパブリッククラウドも利用が可能です。
ただし、vRAのエンドポイントとしてAHVはサポートしていませんので、今回はOpenStackとしてエンドポイントを作成するという迂回路を選びます。

 

で、ここでです。
失礼ながらOpenStackについては全くと言っていい程知りません。cinder?neutron?Glance?知りません。 (;゚д゚)ァ…. とにかくやってみました。

 

まず、Nutanix AHV環境をOpenStackとして構成します。公式ドキュメントはもちろんちゃんとOpenStack Services VM (OVM)も提供されているので簡単にできます。

vrawithnutanix-01

Nutanix Partner Portalより、Nutanix OpenStack Imageをダウンロードします。

 

vrawithnutanix-02

ダウンロードしたOVMのイメージファイルを”Image Configuration”よりアップロードし、OVM用VMを作成します。作成時の操作はアップロードしたイメージを使えるよう”Clone From Image Service”を選択します。

 

vrawithnutanix-03

無事、OVMの作成終わったら、コンソール接続し、コマンドを実行します。

ログインアカウント:root パスワード:admin

● OVMの追加

ovmctl –add ovm –name ovm名 –ip IPアドレス –netmask サブネットマスク –gateway ゲートウェイ –nameserver DNSサーバ –domain ドメイン名

● OpenStackコントローラの追加

 ovmctl –add controller –name openstackコントローラ名 –ip ovmのIPアドレス

 

vrawithnutanix-04

今度はNutanix AHVクラスタを登録します。

● Nutanix AHV クラスタの登録

ovmctl –add cluster –name クラスタ名 –ip クラスタIPアドレス –username Prismログインユーザ(管理者権限) –password パスワード –container コンテナー名

 

vrawithnutanix-05

正常に登録が終わったら、きちんと構成されたか確認します。

● 構成確認

ovmctl –show

 

vrawithnutanix-06

ちゃんとクラスタが登録されています。

 

vrawithnutanix-07

OpenStackコントローラも正常に登録され状態も有効になっています。

 

ここまでがNutanix AHV環境をOpenStackとして構成する手順です。
OpenStackの準備が整ったら、今度はvRAです。(vRAの構成は割愛します)

 

vrawithnutanix-08

テナント管理者としてポータルにログイン、「インフラストラクチャ」→「エンドポイント」より”OpenStack”を選択します。

 

vrawithnutanix-09

”エンドポイント”の情報を入力します。

– Name:作成するエンドポイント名(なんでもOK)

– Address:http://OpenStackコントローラIPアドレス:5000 (httpsだときちんと登録されません)

– Credentials:OpenStackコントローラログイン情報 (デフォルトログインアカウント:admin パスワード:admin)

– OpenStack project:OpenStackプロジェクト名 (大文字、小文字区別します。間違うと登録されません)

 

vrawithnutanix-10

正常に登録されるか確認しましょう。「View Compute Resources」をクリックします。

 

vrawithnutanix-11

「Start」をクリックし、Dataを収集します。正常にエンドポイントの作成ができていればData Collectionが成功するはずです。

 

vrawithnutanix-12

エンドポイントに正常に登録されると、ファブリックグループ作成時、Nutanix AHV OpenStackのコンピュートリソースが参照できるようになります。

 

エンドポイント、コンピュートリソースが参照できれば、あとはビジネスグループ(誰が使うのか)、ファブリック(どんだけリソースを使わせるのか)を決め、ブループリント(VM、サービスのデプロイ)を作成すれば終わりです。
※ここまで紹介したかったんですが、NestedなAHVなせいか、ちょっと負荷が上がるとすぐOpenStack環境が落ちてしまうため、あいにく紹介できません。すみません。
ここまでがvRAのエンドポイントとしてAHVを利用する方法について紹介しました。

 

Nutanix AHVクラスタをせっかくOpenStackとして構成したならそのまま使えば良いんじゃ?とも思いましたが、vSphere、Hyper-VやNutanix AHVなどが混在する環境ならすべてをvRAのエンドポイントとして登録することで環境全体のリソース管理やユーザへの提供が一つのセルフポータルでできる。これはこれで効率的じゃないかと思います。 🙂

 

広告