[VMware] vSphere 6.5 GA リリース

10月スペインのバルセロナで行われたVMworld 2016 Europeで発表されましたvSphere 6.5GAがリリースされました。

VMware Announces General Availability of vSphere 6.5

今まで確認されたvSphere 6.5の新機能は以下の通りです。

まあ、これから沢山の情報が出てくるでしょうからある意味楽しみです。:)

  • Auto Deployの完全なGUI管理機能サポート
  • ハードウェアのステータスを監視、障害を予測しアクティブに仮想マシンを退避させるProactive HA
  • 問題のあるESXiホストをDRS対象ホストから除外する”隔離モード”
  • サービス、アプリケーションの依存関係にある仮想マシンを順序に退避できる仮想マシンのルール
  • FTTによるアドミッションコントロールの簡略化
  • HTML5の新しいvSphere Clientの提供
  • vSphere FTのマルチNICのサポート
  • 仮想マシンの数によるDRS
  • 物理CPU:仮想CPU比率による仮想マシンの起動制限
  • DRS動作の際にネットワーク利用率を考慮して、物理ネットワーク利用率が80%以上のESXiホストへのDRS回避
  • ストレージポリシーによるSIOC構成可能
  • コンテンツライブラリの改善(コンテンツのバックアップ、リストア)
  • 仮想マシンの暗号化、vMotion時の暗号化、セキュアブートモデル、監査ロギング可能
  • VMFS-6
  • クローラによるunmapの自動適用

vSphere 6.5のGAと共に次のプロダクトの新バージョンもリリースされました。

  • VMware vSAN 6.5
  • VMware vRealize Automation 7.2
  • VMware vRealize Log Insight 4
  • VMware vRealize Operations 6.4

広告