[VMware] インスタントクローン vs リンククローン

Horizon View 7より追加されました”インスタントクローン”がどんなものか検証をしてみました。
ご存知のとおり、”インスタントクローン”はESXiのメモリ上で仮想デスクトップのクローンを高速にデプロイする技術です。
VMware社のブログの検証結果ですと、1台の仮想デスクトップを展開するのにかかる時間はわずか1.5秒ということでした。

 

メモリ上でクローンを作成するから、そりゃ~速いわ。しかもVMware社で検証結果も公開しているのはわざわざ同じことをするか?って自問自答しながら検証した結果をこうなりました。

 

まず、検証環境は以下のとおりです。

・ESXi 4台構成のVSAN環境で、ESXiホストあたり1つのディスクグループ(SSD×1、HDD×4)が作成されています。
・VSAN用ネットワークは10Gbで構成されています。

 

(1) 仮想デスクトッププールの作成にかかる時間

イニシャル作成としてインスタントクローン、リンククローンそれぞれ、仮想デスクトップ10台のプールを作成した時間を比較してみました。

 

ic-vs-lc-01_jp 

インスタントクローン : 仮想デスクトップ10台のプール作成

 

 ic-vs-lc-02_jp

リンククローン : 仮想デスクトップ10台のプール作成

 

(2) 作成したプールに仮想デスクトップを追加した際にかかった時間

今度は(1)で作成したプールに、それぞれ90台の仮想デスクトップを追加してみました。

 

ic-vs-lc-03_jp

インスタントクローン : 仮想デスクトップ90台追加

 

ic-vs-lc-04_jp

リンククローン : 仮想デスクトップ90台追加

 

当たり前の結果ですよね。w
イニシャルデプロイでは、インスタントクローンもリンククローンもほぼ同じ時間がかかりました。しかし仮想デスクトップを追加した際には、インスタントクローンがリンククローンより2倍速かったことが分かります。初期プール作成ではインスタントクローンもマスタイメージからテンプレートVMやらレプリカVMやら、各ESXiホストにペアレントVMやらをコピーするのでそこそこ時間がかかりましたが、一旦作成してしまえば、あとは高速でコピーするだけなので、速かったです。検証環境ではESXiホストが4台でしたが、VMware社の検証時と同様、ESXiホストを15台にすると本当に1.5秒で1台コピーされるんじゃないでしょうか。

 

[VMware] VSAN 6.x Ramdisk is full エラー

VSAN 6.1を構成後次のようなエラーが発生することがあります。

The ramdisk ‘vsantraces’ is full. As a result the file /vsantraces/vsanObserver*********.gz could not be written.

 

■ 原因

既知のイシューのようです。ログがローテートされず300MB単位で生成されてしまうようです。
現在恒久的な改善方法はなく、修正パッチが公開されるとのことです。

The ram disk vsantraces is full

自分が知ってる環境ですとVSAN 6.1で、ESXiを内蔵SDカードにインストールした場合でした。

 

■ 改善方法

2016年7月現在、根本的な改善方法はありません。ワークアラウンドとして /var/log/vsantraces の古い.gzファイルを削除することでエラーの発生を抑制できるとのことです。

 

本事象ではありませんが、同じ原因でVSAN 6.1から6.2へのアップグレードが失敗してしまうケースがあるようで、VSAN 6.2のリリースノートにも同じワークアラウンドが記載されています。

VSAN 6.2 リリースノート