[VMware] Enterprise Plus以外のエディション+VSAN組合せ時の注意点

ご存知かもしれませんが、VSANライセンスには分散スイッチが含まれています。ということはvSphere Enterprise Plusエディションを購入しなくても分散スイッチ(vDS)が使えるということです。

vsan-licensing

VMware Virtual SAN 6.2 Licensing Guide

 

それじゃ、vSphere StandardエディションでもVSANのライセンスを替えば、vDSが使えるじゃん?
そうでーす。vSphere StandardエディションでもvDSが使えます。

 

が!!!
ライセンス的には問題がありませんが、実際に環境の構築する際には注意すべきことがあります。
注意すべきことはライセンスの適用順序です。

 

ESXiを含む多くのVMware製品はインストールの際、ライセンスの入力を求められません。
自動的に(?)評価版のライセンスが適用され60日間最上位エディションの機能を使えます。なので一般的に(と言ってよいのか分かりませんが)、この”評価版のライセンスの状態で環境を構築し、最後のライセンスを適用”という方も多いのではないでしょうか。
このやり方だと痛い目に合うのが、【vSphere Enterprise Plus以外のエディション】と【VSANライセンス】によるvDS+VSAN構成です。
よくありがちな構築順は ① ESXiインストール → ② vCenter Server構築 → ③ クラスタ作成、ESXiの登録 → ④ vDS作成/構成 → ⑤ VSAN有効化/ディスクグループ作成 ではないでしょうか?
ライセンスの適用は、自分なら⑤のあとでしょうかね。汗
これじゃ、ダメです。

 

【vSphere Enterprise Plus以外のエディション】の場合、⑤のあとでライセンスを適用しようとすると、以下のエラーで適用できなくなります。

License downgrade. Cannot assign the license key, it does not support all the featues that are in use.

The following featues are in use:
vSphere Distributed Switch

Turn off the features that are in use to proceed with the assignment.

 

要は、”vDSはYOUのライセンスだと使えないよー。ライセンスを適用したければvDSを削除してねー。”ということです。
VSANライセンス別に買っていて、適用済みでも改善されません。方法はvDSを削除するしかありません。(もしくは一旦vDSを全部vSSに変える)

 

【vSphere Enterprise Plus以外のエディション】と【VSANライセンス】によるvDS+VSAN構成の正しい順番は次のとおりです。

① ESXiインストール
② vCenter Server構築
③ クラスタ作成、ESXiの登録
④ ライセンス適用(ESXi、vCenter Server、VSAN)
⑤ VSAN有効化(VSANを有効にしないと、vDSを作成しても追加するホストが表示されません)
⑥ vDS作成/構成
⑦ ディスクグループ作成

 

ご注意ください。

 

PS> オフィシャルな情報があれば良いですね。【vSphere Enterprise Plus以外のエディション】と【VSANライセンス】によるvDS+VSAN構成をする顧客が殆どいないんですかね。。。

広告