[VMware] vCloud Air Japan リージョンからのサービス終了について

VMwareのパブリッククラウドサービスのvCloud Airの日本リージョンからのサービスを2017年3月31日を持って終了すると発表しました。

vCloud Airはグローバルで11箇所のリージョンがあり、アジアでは日本のみでした。
パブリッククラウドとは言え、日本国内のデータセンターにデータを保存したいと思っている日本企業をターゲットに積極的なマーケティング活動を行っていたと思いますがアマゾンのAWS、マイクロソフトのAzureやIBMのSoftlayerなどの競合に押されマーケットシェアを中々取れず、このような決定になったのではないかと思います。

今回の発表によりvCloud Air基盤のクラウドサービスを提供しているパートナーサービスとHorizon Airを除いた以下のすべてのサービスの提供が2017年3月31日以降終了します。

vCloud Air Virtual Private Cloud
vCloud Air Dedicated Cloud
vCloud Air Disaster Recovery
vCloud Air Virtual Private Cloud OnDemand

 

正直に、あまりにも一方的な決定ではないかと思います。
VMware社としては迅速な判断と決定だったかもしれませんが、時間とお金をかけて調査をし、検証後やっとvCloud Airへシステムを移行した(または移行中)企業としては再びリソースをかけ、新たにサービスプロバイダーを探し、移行をしないといけません。
VMware社ではvCloud Air Networkパートナーへの移行を推奨していますが、パートナーにおまかせではなく、より積極的な移行支援が必要ではないかと思います。

オンプレミスの費用削減やハードウェアの障害リスクのためだけではなく、パブリッククラウドサービスプロバイダーのイキナリのサービス終了まで考慮しないといけませんね。汗

ならこのままオンプレミスで良いんじゃねぇ?って思いたくなります。:)

 

広告