[VMware] View Auditing Portal tool

VMware LabsにHorizon View関連の新しいツールが公開されました。

View Auditing PortalというツールでView Administratorの拡張ウェブポータルとして設置し利用できます。

ツールの名前から分かるように監査情報が確認できるもので具体的には、

  • View ClientのOSとバージョン
  • Linked Cloneプールの親仮想マシンとスナップショット情報
  • 仮想デスクトップとRemoteAppのセッション情報

といった情報が確認できます。

このツールの利用可能なHorizon Viewのバージョンは6.0以上で、インストール方法は。。。という程でもありません。

ここからファイルをダウンロードし、viewauditing.warというファイルを以下のフォルダに移すだけです。w

C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\broker\webapps

ViewAuditPortal01

ファイルを移動後、以下のURLにアクセスするとログイン画面が表示されます。

https://View Connection Server名/viewauditing/
ViewAuditPortal02

リンククローンの仮想マシンとスナップショットの情報が確認できます。

ViewAuditPortal03

View ClientのOSとバージョンの情報が確認できるページです。

ViewAuditPortal03B

接続中の仮想ですクトップとRemoteAppのセッション情報が分かるページです。

ViewAuditPortal04

より詳しい内容はここをご参照ください。

広告

[Microsoft] Windows Server 10 発表

9を飛ばし、スタートボタン完全復活のWindows 10の発表とTechnical Preview公開が先日ありましたが、

合わせてWindows Server 10とSystem Center 10(?)も発表され、同じくTP版が公開されました。

Windows Server 10の場合は、”What’s New”としてTechnetに新機能の紹介がありましたので共有します。

(System Centerがまだのようです)

What’s New in the Windows Server Technical Preview

やっとHyper-Vの仮想マシン稼働中にメモリとNICのhot-addができるようになります。w

TPのダウンロードはここから。