[Microsoft] Remote Desktop Services Diagnostic Tool

マイクロソフトのRDS/VDIはWindows ServerのOSの標準機能だけで構成が可能なため、他のVDIソリューションに比べて導入も簡単ですし、もちろん初期導入コストも抑えられます。

が、管理ツールの劣悪さと言ったら。。。
関連コンポーネントやコレクションの最小限な管理はサーバーマネージャーからできますが、トラブルシューティングに関する情報をほとんど得られません。

例えば、コレクション作成が失敗した場合、確認できるのはイベントログしかありません。イベントIDを見つけ出し、一生懸命ググるしかありません。またセッション情報の履歴も確認ができません。

こういった管理の不便さを少し補うツールを見つけました。(2013年11月に公開されていました。汗)

Remote Desktop Services Diagnostic Toolという名前のこのツールをRD接続ブローカー上にインストールすることで次のような情報が確認でき、トラブルシューティングに必要な情報を得られます。

  • コレクション情報
  • フェールオーバークラスター上の仮想マシンの情報
  • 仮想デスクトップデプロイ情報
  • データーベースのダンプ
  • イベント、トレース情報の収集

rdvdiag01

 

コレクション情報の画面です。

 

rdvdiag02

 

仮想デスクトップのデプロイ情報です。デプロイが失敗した場合の関連イベントログが確認できます。

 

 

 

rdvdiag03

 

ユーザーの接続履歴も確認できます。フィルタリングを利用することによって、仮想デスクトップを対象にすることも可能です。

 

rdvdiag04

 

RD接続ブローカーのDBのダンプ採取も可能です。

 

ツールはここからダウンロードができます。

 

しかし。。。あれですね。マイクロソフト社はRDS/VDIにはあまり興味がないですかね。

広告

THE RASMUS / In the shadow

THE RASMUSにハマるきっかけになった曲。
2004年作 「Dead Letters」の1st シングルカット曲。

[VMware] Windows Server 2008 R2 x64 仮想マシンがBSODになる

ESXi 5.xにてWindows Server 2008 R2 x64 仮想マシンがBSODになることがあるとのことです。Solaris 10 x64の仮想マシンの場合も同様にカーネルパニックに陥ることがあるとのことです。

 

原因は現在調査中ということで、以下のCPUを搭載しているサーバの場合、発生することが確認されたとのことです。

  • Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 v2
  • Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2680 v2
  • Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2690 v2
  • Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2697 v2

 

修正パッチが公開されるまで、該当仮想マシンの.vmxファイルにで下記の設定を”software”に変更することで回避できるということですので、本事象を経験している方は、下記のKBを元に設定を変更してみてください。

monitor.virtual_mmu = software

 

KB 2073791 Windows 2008 R2 and Solaris 10 64-bit virtual machines blue screen or kernel panic when running on ESXi 5.x with an Intel E5 v2 series processor